ISOS Review

【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル

ある日本人が、マネジメントシステム規格の基本モデルをISOに提案しています。先頃、ISOの会議で却下されましたが、機会があれば再度提案していくそうです。

これまで、さまざまなISOマネジメントシステム規格が世に送り出されてきましたが、モデルのベースになっていたのはISO 9001とISO 14001でした。
これらのモデルに描かれた矢印は、最後には永遠の前進を暗示する「継続的改善」へ飛んでいくのですが、この日本人の描いたモデルは矢印が循環してきちんと戻ってきます。

マネジメントシステムに対する思いの軽重は、人それぞれでしょうが、思いが重い人にとっては、臍下丹田に力が入るモデルだと思います。

(このモデルの開発意図と解説はアイソス11月号〈10月10日発行〉に掲載されます) page1.jpg

関連記事

  1. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  2. 【ISOS Review】 気づきの質問のコツ
  3. 【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感
  4. 【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略
  5. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  6. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…
  7. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  8. 【ISOS Review】「射精介助」という発想

ピックアップ記事

これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった

二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)の第二弾「これまでのサプライヤー管理にはこんな問題があっ…

米戸さん 2008年版を語る

いそいそフォーラム(メーリングリスト)関東支部10周年記念+東北支部恒例合宿の2日目(本日)、米戸靖…

JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?

日本自動車研究所認証センター(JARI-RB)は1996年に設立、自動車業界の差し迫った環境ニーズに…

エコリーフとCFPの基準は統一化される

本日、社団法人産業環境管理協会(JEMAI)の須田茂理事から、LCAの見える化の一環である「エコリー…

皆様 本年もお世話になりました!

アイソス日記読者の皆様。本年もお世話になりました。プライベートでは、今年は4つのことをや…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP