ISOS Review

【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル

ある日本人が、マネジメントシステム規格の基本モデルをISOに提案しています。先頃、ISOの会議で却下されましたが、機会があれば再度提案していくそうです。

これまで、さまざまなISOマネジメントシステム規格が世に送り出されてきましたが、モデルのベースになっていたのはISO 9001とISO 14001でした。
これらのモデルに描かれた矢印は、最後には永遠の前進を暗示する「継続的改善」へ飛んでいくのですが、この日本人の描いたモデルは矢印が循環してきちんと戻ってきます。

マネジメントシステムに対する思いの軽重は、人それぞれでしょうが、思いが重い人にとっては、臍下丹田に力が入るモデルだと思います。

(このモデルの開発意図と解説はアイソス11月号〈10月10日発行〉に掲載されます) page1.jpg

関連記事

  1. 【ISOS Review】 ISOMSS度1%未満の連載記事
  2. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  3. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  4. 【ISOS Review】 アイソスが11年ぶりにTS 1694…
  5. 【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題
  6. 【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略
  7. 【ISOS Review】 審査員の平均年齢は57.6歳
  8. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

ピックアップ記事

敬老する化粧

実盛、六十にあまつて軍の場に向かはんには、鬢、鬚を墨に染めて若やがんと思ふなり。その…

システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

経済産業省産業技術環境局の山内徹・認証課長(写真)から「マネジメントシステム認証と製品認証の垣根が低…

速報 JAB/ISO 9001公開討論会(2009)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)主催による「第16回 JAB/ISO9001公開討論会」が3月1…

TSに御法度はない?

IATFのホームページを見ると、1月7日付のニュースで、「ISO/TS 16949:2009が2…

ISO 9004の成熟度モデル

ISO 9004の発行が少し遅れそうな雰囲気だ。本日、群馬県での会合に出席した福丸典芳氏(ISO/T…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP