ISOS Review

【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル

ある日本人が、マネジメントシステム規格の基本モデルをISOに提案しています。先頃、ISOの会議で却下されましたが、機会があれば再度提案していくそうです。

これまで、さまざまなISOマネジメントシステム規格が世に送り出されてきましたが、モデルのベースになっていたのはISO 9001とISO 14001でした。
これらのモデルに描かれた矢印は、最後には永遠の前進を暗示する「継続的改善」へ飛んでいくのですが、この日本人の描いたモデルは矢印が循環してきちんと戻ってきます。

マネジメントシステムに対する思いの軽重は、人それぞれでしょうが、思いが重い人にとっては、臍下丹田に力が入るモデルだと思います。

(このモデルの開発意図と解説はアイソス11月号〈10月10日発行〉に掲載されます) page1.jpg

関連記事

  1. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査
  2. 【ISOS Review】 審査中に内部監査員に聞く
  3. 周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ
  4. 【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章
  5. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  6. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  7. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  8. 松本隆さんの連載で学ぶTQM

ピックアップ記事

BCPがうまくいかなかった場合のBCP

昨年12月20日に、ひたちなか総合病院がISO 22301の認証を取得したので、先日取材に伺い、永井…

奥村朋子さんの『二者監査の実践テクニック』

アイソス11月号(10月10日発行)の特集2として、ロイド レジスター クオリティ アシュアランス …

速報 QMS/EMS認証件数(09.06)

JABは8月19日付のプレスリリースで、2009年6月末時点での国内のISOマネジメントシステム認証…

麗澤大学/中山理学長に聞く  なぜ大学がISO 26000なのか

麗澤大学(千葉県柏市、中山理学長)は、大学組織において教育・研究・社会貢献の3領域で社会的責任を果た…

茜色に輝く人

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP