ISOS Review

【ISOS Review】 新経審施行後の国交省と東京都

2011年4月の経営事項審査(経審)の審査基準改正により、ISO認証が審査項目として評価されるようになりました。経審の審査申込窓口は国土交通省の各地方整備局です。そこで、関東地方整備局に新経審施行後の影響について聞いてみました。一方、地方自治団体の中には、10年以上前から主観評価として、ISO認証を加点評価しているところがありますが、こういった地方自治団体は経審による客観評価をどう取り扱うのでしょうか。これについては、東京都に聞いてみました。

関東地方整備局は各地方自治団体の新経審対応の実態をまだ把握していません。ですが、2年に1回の割合で行われる地方自治団体の入札参加資格審査が今年11月に行われるので、そのタイミングで審査の資格要件が決められるのではないかと予想しています。

東京都は東京都で、ISO認証評価を10年も実施していますが、いまだにその効果検証を行っていません。ただ、今回、経審の評価が加わったからといって、これまでやってきた主観評価におけるISO認証の加点をやめることはないと言っています。ですから、東京都では、主観評価、客観評価、それぞれでISO認証が加点(あるいは加算)されています。
(詳細はアイソス4月号)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那
  2. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  3. 【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題
  4. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査
  5. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  6. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  7. 【ISOS Review】 アイソスが11年ぶりにTS 1694…
  8. 【ISOS Review】 Ellenの物語

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 事業継続MS等の実施を支援

経済産業省は事業継続マネジメントシステムなどの活用による事業競争力強化モデル事業に対して平成24年度…

少年野球と水たまり

雨でグラウンドのあちこちに大きな水たまりができました。今日の少年野球は、ランニングとキャッチボー…

審査員の基本三法

「ISO審査員が、組織人からプロフェッショナルになるためには、3つのルールを知っていなければならない…

陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ

ISO 9000の認証数では世界2位で、いまだ急成長を続けるイタリア。こんな元気な国なら、何かおもし…

意図を理解しない日々

【小学校の社会科の授業で】先生「田植えの時期に雨が降ると喜ぶのは誰でしょう?」中尾「カエルで…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP