ISOS Review

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

nakataヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな対応をすれば防げたのではないか」と活動の可能性を広げて考える方法が、中田亨氏(写真:産業技術総合研究所・人工知能研究センター・知識情報研究チーム長)に言わせれば、最近の安全工学のトレンドだそうだ。

例えば最近、地下鉄の電車が、ドアにベビーカーを挟んだまま走行した事故があった。世間では下手人を一人だけ見つけようとして、「車掌が気をつけなかったのが悪い」と言う。だが、ちょっと可能性の視野を広げてみよう。そこで、たまたま居合わせた通行人が大声で叫んで、大きな仕草をすれば、車掌は気がついたかもしれない。こういった「おせっかいな人」がいれば防げた事故って、結構ある。同じ業種なのに、事故が多い会社と少ない会社があるのは、「おせっかいな人の存在が関係している」と中田氏は考えている。

詳細はまもなく発売されるアイソス2016年8月号で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章
  2. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  3. 【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん
  4. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  5. 【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略
  6. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  7. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…
  8. 【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感

ピックアップ記事

EnMS-Docが世界のISO 50001動向を紹介

ISO 50001の専門サイトを運営しているEnMS-Docアソシエーツ(代表:山之内登氏)はホーム…

ISO 50001シンポ開催 JISは10月発行見込み

本日、(財)エネルギー総合工学研究所(IAE)主催による「ISO 50001(エネルギーマネジメント…

Vantage Point 内部監査のクライアント

内部監査のクライアントは社員ではないか「内部監査は誰のためにやるのか。内部監査のクライアント…

久米均さんを取材

久米均さんが8月に日本適合性認定協会(JAB)の理事長に就任したので、その記念インタビューに本日お伺…

毎月の品質会議をMRにすればいい?

「モノづくりの会社であるなら、たいてい毎月品質会議を開いておられるでしょう。そこには経営者も参加して…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP