ISOS Review

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

nakataヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな対応をすれば防げたのではないか」と活動の可能性を広げて考える方法が、中田亨氏(写真:産業技術総合研究所・人工知能研究センター・知識情報研究チーム長)に言わせれば、最近の安全工学のトレンドだそうだ。

例えば最近、地下鉄の電車が、ドアにベビーカーを挟んだまま走行した事故があった。世間では下手人を一人だけ見つけようとして、「車掌が気をつけなかったのが悪い」と言う。だが、ちょっと可能性の視野を広げてみよう。そこで、たまたま居合わせた通行人が大声で叫んで、大きな仕草をすれば、車掌は気がついたかもしれない。こういった「おせっかいな人」がいれば防げた事故って、結構ある。同じ業種なのに、事故が多い会社と少ない会社があるのは、「おせっかいな人の存在が関係している」と中田氏は考えている。

詳細はまもなく発売されるアイソス2016年8月号で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 松本隆さんの連載で学ぶTQM
  2. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  3. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…
  4. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  5. 【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん
  6. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  7. 【ISOS Review】 圧巻! 米戸靖彦さんの9004解説記…
  8. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章

ピックアップ記事

恋人を待つ時間

娘の携帯に何度も電話が入っています。寝坊したため約束の時間に待ち合わせ場所に行けなかった相手が、…

日本の標準化政策はすごいぞ

夕食後、浴室からシャンプーとリンスを持ち出し、テーブルの上に置いて、「さあ、目をつむったまま触るだけ…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集

月刊アイソス2011年4月号から9月号までの連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を…

「秋田屋」近くに事務所移転

本日、会社の事務所を引っ越しました。日本のサラリーマンのメッカである新橋から、羽田行きモノレールの始…

【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケットサーベイランス

ISO/TC176国内委員会のエキスパートの方から「UNIDO(国際連合工業開発機構)がおもしろい調…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP