ISOS Review

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

nakataヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな対応をすれば防げたのではないか」と活動の可能性を広げて考える方法が、中田亨氏(写真:産業技術総合研究所・人工知能研究センター・知識情報研究チーム長)に言わせれば、最近の安全工学のトレンドだそうだ。

例えば最近、地下鉄の電車が、ドアにベビーカーを挟んだまま走行した事故があった。世間では下手人を一人だけ見つけようとして、「車掌が気をつけなかったのが悪い」と言う。だが、ちょっと可能性の視野を広げてみよう。そこで、たまたま居合わせた通行人が大声で叫んで、大きな仕草をすれば、車掌は気がついたかもしれない。こういった「おせっかいな人」がいれば防げた事故って、結構ある。同じ業種なのに、事故が多い会社と少ない会社があるのは、「おせっかいな人の存在が関係している」と中田氏は考えている。

詳細はまもなく発売されるアイソス2016年8月号で。

関連記事

  1. 【ISOS Review】 景気が悪いとCSRもしぼんでいいのか…
  2. 【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那
  3. 【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身
  4. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  5. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?
  6. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…
  7. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  8. 【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題

ピックアップ記事

ISOファシリテーション合宿2日目

ISOファシリテーション合宿(月刊アイソス主催、講師:山上裕司氏(写真右)、アシスタント:小熊孝氏)…

麗澤大学/中山理学長に聞く  なぜ大学がISO 26000なのか

麗澤大学(千葉県柏市、中山理学長)は、大学組織において教育・研究・社会貢献の3領域で社会的責任を果た…

速報 QMS/EMS認証件数(2013.06)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は7月31日付のプレスリリースで、2013年6月末時点での国内I…

「8.1 一般」

「8. 測定、分析及び改善」の「8.1 一般」では、組織が監視、測定、分析及び改善のプロセスを計…

Vantage Point お嬢の挑発

虚構の世界は、ずっと「継続的改善」をリアルに対し訴えてきた。だが、なぜ、リアルは「継続的衰退」をして…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP