ISOS Review

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

nakataヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな対応をすれば防げたのではないか」と活動の可能性を広げて考える方法が、中田亨氏(写真:産業技術総合研究所・人工知能研究センター・知識情報研究チーム長)に言わせれば、最近の安全工学のトレンドだそうだ。

例えば最近、地下鉄の電車が、ドアにベビーカーを挟んだまま走行した事故があった。世間では下手人を一人だけ見つけようとして、「車掌が気をつけなかったのが悪い」と言う。だが、ちょっと可能性の視野を広げてみよう。そこで、たまたま居合わせた通行人が大声で叫んで、大きな仕草をすれば、車掌は気がついたかもしれない。こういった「おせっかいな人」がいれば防げた事故って、結構ある。同じ業種なのに、事故が多い会社と少ない会社があるのは、「おせっかいな人の存在が関係している」と中田氏は考えている。

詳細はまもなく発売されるアイソス2016年8月号で。

関連記事

  1. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  2. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  3. 【ISOS Review】「射精介助」という発想
  4. 【ISOS Review】 ISOMSS度1%未満の連載記事
  5. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  6. 【ISOS Review】 Ellenの物語
  7. 【ISOS Review】 新経審施行後の国交省と東京都
  8. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査

ピックアップ記事

Vantage Point アンチ認証国家

「認証は体を張って阻止せよ」ISO/TC223(社会セキュリティ)の国際会議が始まった時、同…

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

本日、経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局をつとめる「第3回事業競争力ワーキンググループ」が…

【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横

TQCは職制による縦割りの活動です。日頃は自分の部署の仕事に没頭し、部署内の仕事に対する改善提案など…

環境プランナー・ベーシック

本日、環境プランニング学会(山本良一会長)が「環境プランナー・ベーシック」の資格試験を2009年9月…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP