ISOS Review

【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原

久しぶりに「ISOを小馬鹿にした天然お嬢」がアイソスに登場(お嬢初出は2013年5月号)。日本のISO界には、リアルフィールドとはかけ離れた「虚構の世界」があり、そこには「虚構の住人」(認証機関にも組織にもコンサルタントの中にもいる)たちがいる。お嬢はリアルと虚構の狭間に住み、日々彼らと戦うハメに。その関ヶ原が「2015年改正」。「リアルフィールド奪還の絶好のチャンスだ! 皆で本来の世界の姿を取り戻そうじゃないか?!」と訴える。この戦の行方やいかに。来年はお嬢の「勝ち鬨」が聞けるのか?(詳細はアイソス1月号70ページ)

▶アイソス1月号のご紹介

関連記事

  1. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  2. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  3. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…
  4. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  5. 【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身
  6. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査
  7. 【ISOS Review】 Ellenの物語
  8. 【ISOS Review】 景気が悪いとCSRもしぼんでいいのか…

ピックアップ記事

認証の移行期間の起算日

日本適合性認定協会(JAB)は9月25日、認証機関向けに「ISO(JIS Q)9001:2000発行…

サプライヤー要求を強化

ヨーグルトでお馴染みのダノンジャパンは、昨年10月にFSSC 22000(GFSI承認の食品安全マネ…

【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケットサーベイランス

ISO/TC176国内委員会のエキスパートの方から「UNIDO(国際連合工業開発機構)がおもしろい調…

水流聡子教授に聞く事業競争力WG

日本工業標準調査会(JISC)標準部会・適合性評価部会管理システム規格専門委員会の下に設置され、昨年…

夫婦喧嘩のはじまり

「お父さんの生命保険ね、60歳を過ぎると掛け金が高くなるの」「じゃあ、60までに死なんといかんな…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP