ISOS Review

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO 31000(リスクマネジメント規格)の解説記事が掲載される。同規格自体は2009年11月に発行されているが、JISにならないとなかなか日本国民は感心を示してくれない。そのJISが今年9月に発行されたのを機に組んだ特集企画である。記事の内容は、規格解説(JISの要点も含む)と規格活用方法。

個人的にはリスクの定義に関心を持っている。ISO 31000ではリスクは「目的に対する不確かさの影響」と定義され、「影響」については注記があって、「影響とは、期待されていることから、よい方向及び/又は悪い方向に逸脱すること」と書いてある。一般常識では、「悪い方向」に逸脱することがリスクであることは納得できるが、「よい方向」への逸脱もリスクであることは、なかなか理解しづらい。ただ、これは2002年に発行されたISO/IEC Guide73で、すでに示されている概念だそうだ。

野口さんは記事の中で、この概念の注意すべき点を挙げている。これは、好ましいリスク(positive risk)/好ましくないリスク(negative risk)の意味ではない。好ましい結果(positive consequence)/好ましくない結果(negative consequence)というリスクの持つ可能性としての結果の概念だそうである。

恥ずかしながら2002年に示された概念を2010年の終わり頃になって、「確かに、好ましい結果をもたらしているもののリスクって盲点だなあ」と感心している私は、かなりアンポンタンである。

関連記事

  1. 【ISOS Review】 気づきの質問のコツ
  2. 周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ
  3. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  4. 【ISOS Review】「射精介助」という発想
  5. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?
  6. 松本隆さんの連載で学ぶTQM
  7. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  8. 【ISOS Review】 坂田和則さんの改善ファシリテーション…

ピックアップ記事

「1.2 適用」「2. 引用規格」「3. 用語及び定義」

今日はISO 9001:2008の「1.2 適用」から「3. 定義」までで、2000年版から変更のあ…

初陣

鼻すすり父の殴打の仕返しに数の子一羽犬に食わせる(中尾優作)…

速報 QMS/EMS認証件数(2013.09)

日本適合性認定協会(JAB)は11月5日付のプレスリリースで、2013年9月末時点での国内ISOマネ…

母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?

ある建設会社の労働安全衛生マネジメントシステムの取り組みを取材したときのことです。そこでは、この5年…

水張りの日

千葉県茂原市六ツ野の小湊バス停「惣寿」から午前5時58分にiPhoneで撮影…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP