ISOS Review

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO 31000(リスクマネジメント規格)の解説記事が掲載される。同規格自体は2009年11月に発行されているが、JISにならないとなかなか日本国民は感心を示してくれない。そのJISが今年9月に発行されたのを機に組んだ特集企画である。記事の内容は、規格解説(JISの要点も含む)と規格活用方法。

個人的にはリスクの定義に関心を持っている。ISO 31000ではリスクは「目的に対する不確かさの影響」と定義され、「影響」については注記があって、「影響とは、期待されていることから、よい方向及び/又は悪い方向に逸脱すること」と書いてある。一般常識では、「悪い方向」に逸脱することがリスクであることは納得できるが、「よい方向」への逸脱もリスクであることは、なかなか理解しづらい。ただ、これは2002年に発行されたISO/IEC Guide73で、すでに示されている概念だそうだ。

野口さんは記事の中で、この概念の注意すべき点を挙げている。これは、好ましいリスク(positive risk)/好ましくないリスク(negative risk)の意味ではない。好ましい結果(positive consequence)/好ましくない結果(negative consequence)というリスクの持つ可能性としての結果の概念だそうである。

恥ずかしながら2002年に示された概念を2010年の終わり頃になって、「確かに、好ましい結果をもたらしているもののリスクって盲点だなあ」と感心している私は、かなりアンポンタンである。

関連記事

  1. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  2. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  3. 【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感
  4. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  5. 【ISOS Review】 圧巻! 米戸靖彦さんの9004解説記…
  6. 【ISOS Review】「射精介助」という発想
  7. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  8. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 0

本日午後、飯塚悦功さん(東京大学大学院工学系研究科教授)を東大の飯塚研究室で取材しました。取材内容…

ポカよけ

娘はMサイズである。が、LサイズのTシャツやジーンズをゆったり着るのが好きである。一方、母さ…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4

今回は、アイソス7月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

国の評価は10年以上かかる

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)が10月に発行され、同時に日本での認証活動も始…

茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで

「今ちょっと元気がなくなってるな」と思った時は、本屋に行って、茂木健一郎か斎藤孝の著書を買って読むこ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP