ISOS Review

【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感

辻井浩一さんのアイソス連載記事「サロンで議論」、アイソス創刊以来15年間、1回も休まず執筆いただいている。毎回私は、その独特な切り口に引きずり込まれ、「読む快感」を味わっている。例えば、アイソス1月号では、このような書き出しだ。

裏の裏は表に非ず

便りのないのはよい便り、と言われる。洋の東西を問わず、何も連絡がないのは何も異変がないという良い知らせだ、と誰しも思うのだろう。欧米でも中韓でも使われている諺らしい。だが、果たしてそれで安心してもよいものだろうか。

審査に行くと、この1年間は不適合はない。だから見てもらう是正処置の事例もない、と言われるケースが結構ある。
だがよく調べると、最前線の本業の場で不適合として扱うべき問題が決してないわけではなく、その情報が上がって来ていないだけのことが珍しくない。不適合がないのではなくて、不適合の報告が来ていないのだ。だから報告がないのは良い知らせと安心してはいられない。
(アイソス1月号56-57ページ)

関連記事

  1. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  2. 【ISOS Review】 景気が悪いとCSRもしぼんでいいのか…
  3. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  4. 【ISOS Review】 ISO 31000解説特集
  5. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  6. 周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ
  7. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  8. 【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那

ピックアップ記事

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働…

山手線一周ツアー

告白します。上京間もない若かりし頃昨晩の深酒と暑さでフラフラになり会社には「取材が長引い…

中尾元子 82年史 その1

私の母・中尾元子(なかお・もとこ)は、1930年(昭和5年)1月1日に寺本家の6人兄弟の末っ子(兄2…

米戸さん 2008年版を語る

いそいそフォーラム(メーリングリスト)関東支部10周年記念+東北支部恒例合宿の2日目(本日)、米戸靖…

「7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認」

ISO 9001の規格解釈の中で議論の多いものの1つが、「7.5.2 製造及びサービス提供に関す…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP