ISOS Review

【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感

辻井浩一さんのアイソス連載記事「サロンで議論」、アイソス創刊以来15年間、1回も休まず執筆いただいている。毎回私は、その独特な切り口に引きずり込まれ、「読む快感」を味わっている。例えば、アイソス1月号では、このような書き出しだ。

裏の裏は表に非ず

便りのないのはよい便り、と言われる。洋の東西を問わず、何も連絡がないのは何も異変がないという良い知らせだ、と誰しも思うのだろう。欧米でも中韓でも使われている諺らしい。だが、果たしてそれで安心してもよいものだろうか。

審査に行くと、この1年間は不適合はない。だから見てもらう是正処置の事例もない、と言われるケースが結構ある。
だがよく調べると、最前線の本業の場で不適合として扱うべき問題が決してないわけではなく、その情報が上がって来ていないだけのことが珍しくない。不適合がないのではなくて、不適合の報告が来ていないのだ。だから報告がないのは良い知らせと安心してはいられない。
(アイソス1月号56-57ページ)

関連記事

  1. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  2. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  3. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…
  4. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  5. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  6. 周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ
  7. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  8. 【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん

ピックアップ記事

World Standards Dayの素敵なポスター

ISOは国際標準化を祝う記念日“World Standards Day”を10月14日に定め、毎年イ…

「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのインタビューから

事業継続マネジメントシステム(BCMS)を構築・運用している組織は、少なくとも年に1回は演習を行って…

土居さんが説くリスクのプラス影響

ISO 9001やISO 14001の2015改訂で話題になっている「リスクと機会」。この問題をアイ…

少年野球とバット

誰かが新しいグローブを買って練習に初めてもってきても「使わせて、使わせて」って言う子は少ない…

【ISOS Review】 圧巻! 米戸靖彦さんの9004解説記事

アイソス12月号の特集は、米戸靖彦さん執筆によるISO 9004:2009の解説記事である。記事の中…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP