紙芝居

茜色に輝く人

akaneii.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 夏の食の記憶
  2. ジャーマン・スープレックスの日
  3. Audit
  4. ピーちゃんの初夏
  5. 野球少年の逆境
  6. 密室の旅芸人さんへ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 立花祐一(偽名)
    • 2011年 5月 02日

     以前から気になっていたンですが、この「茜色に輝く人」の写真と詩(?)は中尾さんのお作ですか? 心の琴線がポロロンと鳴りました。

    • 中尾優作
    • 2011年 5月 02日

    はい。写真も言葉も私の作品です。
    ご評価ありがとうございます。(嬉泣)
    夕焼けが、駅前のやくざの顔も、家路に向かう会社員や学生の顔も、買い物をしている年配の女性の顔も、犬の散歩をしている老人の顔も、マフラーを鳴らして走る暴走族の顔も、田んぼで作業する農家の人の顔も、分け隔てなく、あまねく照らしているのに、誰も自分の顔が茜色に染まっているのに気づかないという不思議。それを表現しようと試みました。
    写真はうちの近所で撮影したものです。

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」

飯塚悦功プロジェクト第7弾の映像を掲載します。タイトルは「FMEAってスゴイ!」です。ト…

ISO 9001公開討論会 速報

本日、JAB主催の「ISO 9001公開討論会」が東京ビックサイトで開催された。第15回目を迎える今…

ミラー監査

社長:「うちの内部監査なんですが、もういい加減にして欲しいですね」審査員:「どうされたのです…

タオルマニア

風量発電だけを使用して製造したオーガニックコットン100%のタオル「IKT」。「風で織るタオル」と呼…

ヒューマンエラー防止2原則

ヒューマンエラーに関する中條武志さんの研究は有名ですが、同分野に限った著作というのは出しておられない…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP