編集/出版事情

電子書籍『日常用語で読み解くISO 9001』に関するQ&A

3月28日、Amazon.co.jp カスタマーサービスから、システム規格社発行の電子書籍(Kindle版)『日常用語で読み解くISO 9001』について、同書を購入されたお客様から下記のようなお問い合わせがあったと連絡を受けました。

◇テキストが大幅に欠落しているようです。

問題の箇所は次のとおりです:位置No. 183 規格自体には存在する「項4.4.2とa)、b)」が含まれていません。

このお問い合わせにつきまして、著者に確認した上で、システム規格社として下記のように回答しました。

結論を先に言いますと、テキストは欠落しておりません。

該当するテキストは、電子書籍本文「4.4」の一番最後に書かれている下記のテキストで表現されています。

「標準類や記録類を作成し、維持管理する。」

お客様が述べておられる「規格自体に存在する 4.4.2とa)、b)」の内容は下記の通りです。

4.4.2 組織は,必要な程度まで,次の事項を行わなければならない。

a) プロセスの運用を支援するための文書化した情報を維持する。

b) プロセスが計画どおりに実施されたと確信するための文書化した情報を保持する。

〈JIS Q 9001:2015から抜粋〉

上記条文のa)における「プロセスの運用を支援するための文書化した情報」がテキストの「標準類」、b)における「プロセスが計画どおりに実施されたと確信するための文書化した情報」がテキストの「記録類」にそれぞれ該当します。

4.4.2の本文の「組織は,必要な程度まで,次の事項を行わなければならない」、a)の「維持する」、b)の「保持する」に該当するのが、テキストの「維持管理する」に該当します。

このように、日常用語で簡略化して表現されています。
もともと本書は全体を通じて、そのような意図で執筆されております。

ご了承ください。

関連記事

  1. 月刊誌『クオリティマネジメント』の休刊
  2. 月刊誌休刊を悼む
  3. 「Googleブックスの進化と出版」聴講記
  4. 海外向けの草稿
  5. 認証機関とメディアの共通課題
  6. 素人撮影お断り
  7. 月刊誌『ISOマネジメント』が休刊
  8. Amazonでアイソスの予約も可能に

ピックアップ記事

母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?

ある建設会社の労働安全衛生マネジメントシステムの取り組みを取材したときのことです。そこでは、この5年…

アイソス8月号は「シックスシグマ」

アイソス8月号(7月10日発売)の特集は「シックスシグマ」です。シックスシグマの歴史は30年以上あり…

吉澤正さんを悼む

筑波大学名誉教授の吉澤正(よしざわ・ただし)さんが2012年12月17日、脳出血でお亡くなりになった…

東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%

東京都を取材しました。平成23/24年度における東京都建設工事競争入札参加者は、平成23年4月1日時…

SSMシンポに190名参加

日科技連主催による「第4回知識構造化シンポジウム」が9月7日、午後1時30分から5時まで日科技連本部…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP