編集/出版事情

本来のQC路線へ

先日、日科技連出版社を訪問、
久しぶりに戸羽節文さん(取締役出版部長)と談笑しました。
90年代に入って、同社の出版物はISO関連が主になっていましたが、
ここにきて、本来のQC路線に帰ろうという方向になってきたようです。
企業も品質を基礎から勉強しようという気運が出てきましたし、
QCがどれだけ身についているかをみる「QC検定」の大ブレイクは、
みなさんもご存知のとおり。
今後、どのようなQC本が出てくるか、楽しみですね。

 

関連記事

  1. アイソスのお目当て記事は?
  2. 月刊誌休刊を悼む
  3. 素人撮影お断り
  4. 月刊誌『クオリティマネジメント』の休刊
  5. 電子書籍『日常用語で読み解くISO 9001』に関するQ…
  6. 「Googleブックスの進化と出版」聴講記
  7. 認証機関とメディアの共通課題
  8. 月刊誌『ISOマネジメント』が休刊

ピックアップ記事

本来のQC路線へ

先日、日科技連出版社を訪問、久しぶりに戸羽節文さん(取締役出版部長)と談笑しました。90年代…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答

6月11日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答は、2「管理…

2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築

グローバル電子材料メーカーとして、日本を含む世界に8拠点を持つAZエレクトロニックマテリアルズは、2…

SSMシンポに190名参加

日科技連主催による「第4回知識構造化シンポジウム」が9月7日、午後1時30分から5時まで日科技連本部…

私の少年野球事始め

三男坊が小学校1年生の時です。「すみませんが、もしよろしければ、一緒にゲームに参加してもらえませ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP