編集/出版事情

本来のQC路線へ

先日、日科技連出版社を訪問、
久しぶりに戸羽節文さん(取締役出版部長)と談笑しました。
90年代に入って、同社の出版物はISO関連が主になっていましたが、
ここにきて、本来のQC路線に帰ろうという方向になってきたようです。
企業も品質を基礎から勉強しようという気運が出てきましたし、
QCがどれだけ身についているかをみる「QC検定」の大ブレイクは、
みなさんもご存知のとおり。
今後、どのようなQC本が出てくるか、楽しみですね。

 

関連記事

  1. 月刊誌『ISOマネジメント』が休刊
  2. 認証機関とメディアの共通課題
  3. コピー記事に続きはない!
  4. 素人撮影お断り
  5. 月刊誌休刊を悼む
  6. 月刊誌『クオリティマネジメント』の休刊
  7. ISOへの寄稿
  8. ISO機関誌に掲載

ピックアップ記事

【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケットサーベイランス

ISO/TC176国内委員会のエキスパートの方から「UNIDO(国際連合工業開発機構)がおもしろい調…

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。ISO 9001は要求事項の内…

VDAシリーズ日本語版を拡充

中部産業連盟がVDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)との契約に基づき、『VDA…

「8.5.2 是正処置」

「8.5.2 是正処置」の中の f)をみてみましょう。「f) 是正処置において実施した活動のレビ…

二者監査員研修のPV撮影

二者監査員研修実施に向けた打ち合わせ会議を行った。どういう内容を研修に盛り込んでいくかという議論を午…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP