編集/出版事情

本来のQC路線へ

先日、日科技連出版社を訪問、
久しぶりに戸羽節文さん(取締役出版部長)と談笑しました。
90年代に入って、同社の出版物はISO関連が主になっていましたが、
ここにきて、本来のQC路線に帰ろうという方向になってきたようです。
企業も品質を基礎から勉強しようという気運が出てきましたし、
QCがどれだけ身についているかをみる「QC検定」の大ブレイクは、
みなさんもご存知のとおり。
今後、どのようなQC本が出てくるか、楽しみですね。

 

関連記事

  1. 電子書籍『日常用語で読み解くISO 9001』に関するQ…
  2. 「Googleブックスの進化と出版」聴講記
  3. コピー記事に続きはない!
  4. 「仮想空間 アメーバピグ」を受講
  5. Amazonでアイソスの予約も可能に
  6. 月刊誌休刊を悼む
  7. ISOへの寄稿
  8. 「サッカー批評」の一貫性

ピックアップ記事

人々のリファレンス・ポイントになるものを

月刊誌とWebって、どうも相性がよくないな、と常々思っていました。そんな折、梅田望夫/茂…

ISOへの寄稿

ISOが発行している機関誌の1つである「ISO Management Systems」の編集長・…

福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」

「ソトコト」という月刊誌を読んでいると、いまの編集部の理論的支柱は「福岡伸一」だな、とわかります。月…

病院QMS問答 〜品質管理全国大会から〜

病院にも品質管理部門ってあるのでしょうか? 大学病院ではQMSを教えているのでしょうか? フロアーか…

Vantage Point 疑わしきはクロ

 「私は、認証審査においては『疑わしきはクロ』という原則に従うべきだと考えています」アイソス…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP