編集/出版事情

本来のQC路線へ

先日、日科技連出版社を訪問、
久しぶりに戸羽節文さん(取締役出版部長)と談笑しました。
90年代に入って、同社の出版物はISO関連が主になっていましたが、
ここにきて、本来のQC路線に帰ろうという方向になってきたようです。
企業も品質を基礎から勉強しようという気運が出てきましたし、
QCがどれだけ身についているかをみる「QC検定」の大ブレイクは、
みなさんもご存知のとおり。
今後、どのようなQC本が出てくるか、楽しみですね。

 

関連記事

  1. 月刊誌『クオリティマネジメント』の休刊
  2. ISO機関誌に掲載
  3. ISOへの寄稿
  4. 「サッカー批評」の一貫性
  5. Amazonでアイソスの予約も可能に
  6. 海外向けの草稿
  7. 月刊誌休刊を悼む
  8. 月刊誌『ISOマネジメント』が休刊

ピックアップ記事

Amazonから日吉信晴・奥村朋子著『ISO/TS 16949に基づいた内部監査のあり方』発売

ISO/TS 16949審査員として活躍中であり、月刊誌アイソスの人気執筆者である日吉信晴・奥村朋子…

JAB新理事長お披露目

本日、日本適合性認定協会(JAB)主催による「日本適合性認定協会 公益財団法人 移行披露」が、午後2…

日本規格協会主催の事業シナリオ・ワークショップ

日本規格協会主催によるセミナー「顧客価値を起点に事業を見直す 〜価値、能力・特徴、事業シナリオ〜」が…

Amazonでアイソスの予約も可能に

システム規格社は月刊誌『アイソス』のアマゾンでの販売を11月14日から開始しました。今のところ、売上…

「雑誌のデジタル進化は可能か?」

7月10日、東京ビックサイトで開催された東京国際ブックフェア専門セミナーの1つである「雑誌のデジタル…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP