訃報

吉澤正さんを悼む

yoshizawa.jpg筑波大学名誉教授の吉澤正(よしざわ・ただし)さんが2012年12月17日、脳出血でお亡くなりになった。享年73歳。通夜は20日18時30分〜19時30分、葬儀は21日13時〜14時30分、東京都渋谷区南平台18の13の聖ドミニコカトリック渋谷教会で行われる。喪主は妻の経子(けいこ)さん。

 

吉澤さんに最初にお会いしたのは、1996年12月20日。取材(当時はまだ季刊誌「シス テム規格」の時代だった)で筑波大学を訪問し、ISO 14000シリーズの話を伺った。当時吉澤さんはTC207国内委員会の副委員長だった。非常に明るくて、きさくな方だった。それ以来、TC207で大き なイベントがあるたびにお会いして話をうかがった。吉澤さんはコツコツと専門的な学究活動をやるよりも、むしろいろいろな人達を組織的に動かして大きな仕 事をやることに手腕を発揮する方だったように思う。自著よりも、編著が多いのは、そのためだろう。その後、TC207国内委員会の委員長をつとめられた し、エコステージ協会の理事長にもなられた。親分肌なのである。最後にお会いしたのは、2010年4月に開催された「大島マネジメントシステム研究所設立 10周年記念パーティー」だった。相変わらずニコニコと笑顔で話しておられた。もうあの笑顔に会えないのかと思うと、実に寂しい。

【吉澤正さんのご経歴】
1939年東京生まれ。1962年東京大学工学部卒業、同年同学部助手、1966年講師。1971年山梨大学工学部助教授、1978年教授、工学博士(東 京大学)。1989年筑波大学大学院教授(東京地区)、日本品質管理学会、プロジェクトマネジメント学会会長などを経て、現在帝京大学経済学部教授、筑波 大学名誉教授、独立行政法人統計センター理事、(財)日本適合性認定協会環境認定委員会委員長、工業標準調査会適合性評価委員会委員、環境管理規格審議委 員会副委員長、有限責任中間法人エコステージ協会理事長。 <主な著書>『多変量解析法(改訂版)』(共著、日科技連出版社、1971)、『統計処理』 (岩波書店、1992)、『ISO14000環境マネジメント便覧』(編著、日本規格協会、1999)、『クォリティマネジメント用語辞典』(編、日本規 格協会、2004)、『持続可能な成長のための品質機能展開』(共編著、日本規格協会、2004)、『環境にやさしいものづくりの新展開』(共編著、日本 規格協会、2004)、『対訳 ISO14001:2004』(編著、日本規格協会、2005)、『環境マネジメントで考える』(日本規格協会、 2005)など

関連記事

  1. 訃報 中尾元子
  2. 門岡淳さんを悼む
  3. 石井俊彦さんを悼む
  4. 田中勝夫さんの死を悼む
  5. 訃報 樋口宗之氏(前日本検査キューエイ社長)
  6. 今井義男さんの死を悼む

ピックアップ記事

アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売

アイソス編集部が取材した統合マネジメントシステムを運用する組織の中から、エクセレントな取り組みを展開…

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全の…

Vantage Point 維持審査

「健康診断の時にはせめて綺麗なパンツで臨みましょう!!」2月9日、あるメーリングリストで、迷…

ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴

10月16日、東京で第25回ISO/SR国内委員会が開催されたので傍聴に行った。同会はISOで現在D…

須田晋介エキスパートが2015年版を詳説

ISO 9001:2015が9月15日に発行され、同規格による審査もスタートしました。おそらく本格的…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP