Vantage Point

Vantage Point 祝13周年

「N対Nのコミュニケーション」というのは、「いそいそフォーラム」の1つのキーワードになっています。

「月刊アイソス」1999年10月号の「ネットで情報発信するボランティア」というタイトルの企画で、「いそいそフォーラム」運営責任者/木村忠道氏と「ISO World」運営責任者/辻井浩一氏が対談した折、木村氏が下記の発言に続けて語った言葉。

木村 ISO World にはいろいろな方が情報を寄せてくると思います。辻井さんはそういった方々とやりとりをされる。ただ、それは辻井さんを中心に置いた1対Nのコミュニケーションです。メーリングリストでも同じことをやろうと思えばできます。私を中心に据えた1対Nのコミュニケーションもできるのですが、私はそれが嫌なんです。誰から誰に話しかけてもいい。要するにN対Nのコミュニケーションになるように気をつけています。

関連記事

  1. Vantage Point デミング賞
  2. Vantage Point マジ?
  3. Vantage Point 冗談半分、本音半分
  4. Vantage Point 組織の時代
  5. Vantage Point 本物のグローバル化
  6. Vantage Point 疑わしきはクロ
  7. Vantage Point 補講
  8. Vantage Point 先輩の言葉

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 木村忠道
    • 2011年 5月 08日

    かの辻井さんを前に、よくもまあそんなエラソーなことを言いましたねぇ。 >当時の私 大それたことをしたものです。(しみじみ)

    • 中尾優作
    • 2011年 5月 23日

    なぜか木村さんのメールが誤ってスパム扱いされており、本日それが見つかって、あわてて掲載させていただきました。掲載遅れ、ご容赦!
    あれからもう12年。
    土曜日にわざわざ東京・新橋の弊社事務所まで来ていただいて、お二人で対談していただきましたね。弊社からお茶が出ないことを予想して、確かお二人ともペットボトル持参で来られような記憶が……

ピックアップ記事

本当はピッチャーをやりたい

少年野球のお手伝いをしていなかったら、野球をやっている子はみんな本当はピッチャーをやりたいんだ、って…

内部監査に「観察事項」は必要ですか?

先日、群馬で講演をする機会があったのですが、その席で会場の方(群馬県内のISO認証組織の管理責任者約…

第2回事業競争力WG傍聴記(1) マネジメントシステムの位置づけ

経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局となって作業が進められている「事業競争力ワーキンググルー…

Vantage Point 結語

ISO is voluntary.Survival is not mandatory.1…

北海道/東北地域へのアイソス未着のお詫び

北海道(一部)・東北地域の定期購読者の皆様へ東北太平洋沖地震に伴う「月刊アイソス」未着のお詫び…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP