Vantage Point

Vantage Point 肩透かし

「2004年度からは本格適用と位置付けてISO適用対象工事を大幅に拡大します」

2004年4月9日、アイソスの取材を受けた国土交通省大臣官房技術調査課課長補佐(当時)・永山透氏の発言。この年から建設業におけるISO 9001認証件数は減少を開始する。同年4月上旬、建設業界専門紙は一斉に2004年度以降の国交省のISO 9001適用方針の概要を先行報道した。実際に適用方針の通知文書が、正式に国交省から発表されたのは2004年9月1日であり、その中身は、同年10月1日以降に入札手続を開始する直轄工事へのISO 9001適用方針として、「試行工事では認証取得を入札条件としてきたが、これを受注企業の希望制とし、対象工事を拡大し本格適用する」というものだった。強制がボランタリーに変わることで、ISO 9001認証の公共工事入札条件化を見越して動いていた建設業組織やISO認証関係者は、肩透かしを食わされたようだった。

関連記事

  1. Vantage Point 試験官テク
  2. Vantage Point 本物のグローバル化
  3. Vantage Point 人材
  4. Vantage Point 固有技術の問題
  5. Vantage Point 法遵守
  6. Vantage Point オープンソース
  7. Vantage Point 取得動機
  8. Vantage Point アンチ認証国家

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • イソハドーグ
    • 2012年 10月 12日

    ただいまの決まり手は、
    国交省の肩透かし、建設業界の、勇み足で、
    認証機関の勝ち であります。

    • 中尾優作
    • 2012年 10月 12日

    行司はキムラ・イソハドーグ。

    • だぼはぜ
    • 2012年 10月 31日

    これが、2005年後半からJAB発表の認証件数が減った要因のなのではありませんか?
    登録業種をJABデータを用いて解析すると、その後5年位で建設及び建設コンサルタントの登録が、5000件位減っています。

    • 中尾優作
    • 2012年 10月 31日

    ピンポーン! ・・・だと思います。

ピックアップ記事

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。…

妻のDecision Tree

FSMS審査員:最も管理レベルが低いのは?妻:夫です。長時間放置しておくと腐ってしまい、どこ…

ごあいさつと自己紹介

本日より、ブログを始めます。中尾優作です。最初に自己紹介をしておきます。大学を卒業し…

圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説

アイソス9月号(8月10日発行)の特集は、米戸靖彦さん執筆によるISO/DIS 9001解説(本文3…

MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始

ISOマネジメントシステム(MS)認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成されるMS認証懇談会は、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP