Vantage Point

Vantage Point 本物のグローバル化

2014_takeda.jpg何か世界に対して影響力を与えたかったら、自分たちでいい基準を作り、それを維持・向上し続けることです。それが、世界に対して発言力を高めることになります。世界でやっていることを日本に取り入れてやっているだけでは、発言力は高まりません。日本にすごくいいものがある、それはこうなんだ、という話し方をすることです。よく“グローバル化が必要だとか言われますが、本当にグローバル化をするのなら、自分たちで基準を作り、その取り組みの中で培った経験・技術をもとにグローバルに影響を与えるべきです。これこそが本物のグローバル化です。

2017年までにJGAPのGFSI承認を目指す日本GAP協会専務理事・武田泰明さん(写真)の発言から(2014年9月8日アイソスで取材、アイソス2014年11月号掲載予定)

▶アイソス11月号のご紹介

関連記事

  1. Vantage Point 格付け
  2. Vantage Point デミング賞
  3. Vantage Point インセンティブ
  4. Vantage Point 取得動機
  5. Vantage Point お嬢の挑発
  6. Vantage Point 維持審査
  7. Vantage Point 結語
  8. Vantage Point 低価格攻勢

ピックアップ記事

生き残るのはどっち?

イオンがLED電球のワゴンセールをやっていました。「1日5.5時間使用した場合、20年間使用でき…

CEAR審査員向け講演会速報

EMS審査員向けの「最新環境情報講演会」(産業環境管理協会CEAR主催)が1月30日、東京の新宿文化…

ジョーバ

食後、椅子にすわってくつろいでいると、娘がひざの上に乗ってきたので、「ジョーバ! ジョーバ!…

【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査基準に採用

メトログループの日本法人・メトロ キャッシュ アンド キャリー ジャパンは登録制卸として、国内外のサ…

ISO 50001でJAB訪問

7月25日にはISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の認定申請受付(ISO 50001…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP