Vantage Point

Vantage Point 本物のグローバル化

2014_takeda.jpg何か世界に対して影響力を与えたかったら、自分たちでいい基準を作り、それを維持・向上し続けることです。それが、世界に対して発言力を高めることになります。世界でやっていることを日本に取り入れてやっているだけでは、発言力は高まりません。日本にすごくいいものがある、それはこうなんだ、という話し方をすることです。よく“グローバル化が必要だとか言われますが、本当にグローバル化をするのなら、自分たちで基準を作り、その取り組みの中で培った経験・技術をもとにグローバルに影響を与えるべきです。これこそが本物のグローバル化です。

2017年までにJGAPのGFSI承認を目指す日本GAP協会専務理事・武田泰明さん(写真)の発言から(2014年9月8日アイソスで取材、アイソス2014年11月号掲載予定)

▶アイソス11月号のご紹介

関連記事

  1. Vantage Point 取得動機
  2. Vantage Point 結語
  3. Vantage Point それは私です
  4. Vantage Point 1996年3月6日
  5. Vantage Point インセンティブ
  6. Vantage Point 補講
  7. Vantage Point 維持審査
  8. Vantage Point 内部監査のクライアント

ピックアップ記事

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

内部監査に「観察事項」は必要ですか?

先日、群馬で講演をする機会があったのですが、その席で会場の方(群馬県内のISO認証組織の管理責任者約…

「7.4 購買」は大事な割に薄い

「ISO 9001規格は、7.3(設計・開発)や7.6(監視機器及び測定機器)は詳しく書かれているが…

CPD用紙を書く力量

「アイソス」というISOマネジメントシステムの専門月刊誌があります。同誌の読者の中には、QMSや…

ISO 50001 オタク度テスト

現在DIS(国際規格案)段階にあるISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)は、ISO 1…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP