Vantage Point

Vantage Point 本物のグローバル化

2014_takeda.jpg何か世界に対して影響力を与えたかったら、自分たちでいい基準を作り、それを維持・向上し続けることです。それが、世界に対して発言力を高めることになります。世界でやっていることを日本に取り入れてやっているだけでは、発言力は高まりません。日本にすごくいいものがある、それはこうなんだ、という話し方をすることです。よく“グローバル化が必要だとか言われますが、本当にグローバル化をするのなら、自分たちで基準を作り、その取り組みの中で培った経験・技術をもとにグローバルに影響を与えるべきです。これこそが本物のグローバル化です。

2017年までにJGAPのGFSI承認を目指す日本GAP協会専務理事・武田泰明さん(写真)の発言から(2014年9月8日アイソスで取材、アイソス2014年11月号掲載予定)

▶アイソス11月号のご紹介

関連記事

  1. Vantage Point 固有技術の問題
  2. Vantage Point それは私です
  3. Vantage Point 肩透かし
  4. Vantage Point インセンティブ
  5. Vantage Point 低価格攻勢
  6. Vantage Point 1996年3月6日
  7. Vantage Point 仕事の課題はいっぺんに燃やす
  8. Vantage Point 佐藤真琴さんの中国乗り込み

ピックアップ記事

「6.4 作業環境」

デパート向けの弁当を作っている会社を、夜に訪問しました。現場の作業者は、昼間は女性がほとんどです…

サプライヤー要求を強化

ヨーグルトでお馴染みのダノンジャパンは、昨年10月にFSSC 22000(GFSI承認の食品安全マネ…

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

公務員適正検査

昨日、娘が通う高校で公務員試験に関する説明会が行われました。次の問題の話だけは、おもしろかったの…

飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」

誰もいない森で木が倒れた。バサッと音がした。それを「音がした」と言うか?エイズ・コーディ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP