Vantage Point

Vantage Point 本物のグローバル化

2014_takeda.jpg何か世界に対して影響力を与えたかったら、自分たちでいい基準を作り、それを維持・向上し続けることです。それが、世界に対して発言力を高めることになります。世界でやっていることを日本に取り入れてやっているだけでは、発言力は高まりません。日本にすごくいいものがある、それはこうなんだ、という話し方をすることです。よく“グローバル化が必要だとか言われますが、本当にグローバル化をするのなら、自分たちで基準を作り、その取り組みの中で培った経験・技術をもとにグローバルに影響を与えるべきです。これこそが本物のグローバル化です。

2017年までにJGAPのGFSI承認を目指す日本GAP協会専務理事・武田泰明さん(写真)の発言から(2014年9月8日アイソスで取材、アイソス2014年11月号掲載予定)

▶アイソス11月号のご紹介

関連記事

  1. Vantage Point 組織の時代
  2. Vantage Point 野にいる人
  3. Vantage Point 法遵守
  4. Vantage Point 低価格攻勢
  5. Vantage Point それは私です
  6. Vantage Point 肩透かし
  7. Vantage Point 結語
  8. Vantage Point アンチ認証国家

ピックアップ記事

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほ…

プロセスアプローチに関する3つの問題

あるISO推進者の会合で、QMSに関する議論が行われました。その会合では事前に会員からQMS活動に関…

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(1)

私がブログを始めようと思い立ったのは、梅田望夫(写真)著「ウェブ時代をゆく」の影響です。中でも、同書…

「Googleブックスの進化と出版」聴講記

7月8日東京ビッグサイトで開催されたデジタルパブリッシング専門セミナーで、グーグルの井上憲郎・名誉会…

ISO機関誌に掲載

ISOが発行している機関機関誌"ISO Management Systems"の2009年5-6月号…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP