Vantage Point

Vantage Point それは私です

「この図を最初に書いたのは、実は私なんです」

と、2人の人が別々に名乗り出てきました。月刊アイソス2000年11月号(No.36)の冒頭カラーページで「回文かるた」という連載が始まり、次のような記事を載せてしばらくしてからのことです。

genkei.jpg回文かるた 「あなた、使ったなあ!」

ISO 9000を楔(くさび)にたとえるアイデアは、なかなか独創的ではありませんか。このアイデアを思いついた人は、あえて「あなた、使ったなあ!」と主張せず、ISO業界でのオープンな使用を希望したのかもしれません。あるいは、いつの間にか無断使用され、そのうちに誰もがこのアイデアを著作権フリーだと思うようになったのかもしれません。(記事・絵ともに抜粋)

関連記事

  1. Vantage Point 個人目標
  2. Vantage Point インセンティブ
  3. Vantage Point 野にいる人
  4. Vantage Point 取得動機
  5. Vantage Point 有能な事務局
  6. Vantage Point 1996年3月6日
  7. Vantage Point 維持審査
  8. Vantage Point 佐藤真琴さんの中国乗り込み

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • とある事務局の代弁者
    • 2009年 10月 30日

    「この絵を最初に書いたのは,実はアンタだったのか!」
    と,1人の事務局員が叫びました。このブログの2009年10月29日の記事で「Vantage Point それは私です」という掲載があり,そこにある絵を見た途端に思い出した昔話です。
    ISOが楔? 「ほんと,ムカつくなあ!」
    ISOを楔にたとえるとは,何とも「ISOの仕事」的発想ではありませんか。この絵を思いついた人は,あえて「ISOを使って」ということは考えず,ISO-MS規格の第三者認証をするための活動がISO9001やISO14001なのだと思ったのかもしれません。あるいは,いつの間にか事務局の仕事は第三者認証の維持活動とされ,そのうちに組織の誰もがこの状態を「ISOの仕事」だと思うようになったのかもしれません。(とある事務局の呟き)
    =========Ю========Ю========Ю========Ю========Ю========
    某組織では,2000年当初に全社的な経営品質向上活動が行われることになり,経営推進部門が旗振りを始めました。この組織には既にいくつかの品質に関する改善/向上プログラムがありましたが,そこへ日本経営品質賞を導入し,これを基軸に全社的に取り組むということらしいのです。
    一方,当時のISO事務局さんはISO9001もそのためのツールと位置付け,「ISOの仕事」にならないようにと,既に他の改善/向上プログラムとリンクした運用になるよう孤軍奮闘してました。そんな中,この部門が全社的な品質改善/向上活動をするというので願ったり。
    「これからはISO9001もこの部門が運用していくのだろうな。
     じゃ,自分はどうなるのだろう?
     経営推進部門に異動するのかな?
     それとも仕事を渡して新たな業務かな?
     それとも・・・??」
    そんなこんなISO事務局さんの皮算用が始ったころ,経営推進部門が示したものは・・・
     改善   → PDCAの輪
     TQC    → 経営品質向上活動
     品質向上 → 高経営品質
    と使われている言葉が多少異なるものの,正にこの絵にそっくりなものだったのです。
    しかも,この輪を後押しするものとして「日本経営品質賞 アセスメント基準書」が記され,もちろんそこにはしっかり楔もあって「ISO」とまで記され,後戻りの防止に位置付けられていました。
    そしてこの部門が言うには,
    「いろんな改善/向上活動をまとめて運用するにも,ISOはちょっと別物。
     だからISOはこれまで通りに事務局がやっといて」
    しかしこの全社的な経営品質向上活動のねらいには,こんなことが書いてありました。
    「顧客“を”満足させる,ではなく,顧客“が”満足する製品を提供し続けることによって,顧客の満足を勝ち得るのだ!」
    さて,何が別物なんでしょ?
    しかしそれ以前に,
    「ISO9001には改善プロセスが無い?
     PDCAサイクルも無い?」
    「なんでISOが楔なの?
     それって第三者認証ダケを見てるんじゃない?
     ホンマかいな?」
    もし,この部門がその「最初に書かれた絵」を参考にしたとしたら,全く持って迷惑な絵を書いてくれたもんです。
    事務局さんはこの部署にも活動にも落胆し,冷めた目で静観していましたが,真っ先に頓挫したのが日本経営品質賞。
    そして現在,これらの活動の中で残っているのは,ISOとそこにリンクした活動という,何とも皮肉な結果になっているとのことでした。

ピックアップ記事

豚まんのおっちゃん

子供の頃、家によく遊びにくるおっちゃんがいて、来るときは必ず豚まんをおみやげに持ってきてくれ…

日本規格協会主催の事業シナリオ・ワークショップ

日本規格協会主催によるセミナー「顧客価値を起点に事業を見直す 〜価値、能力・特徴、事業シナリオ〜」が…

仕入れ値をオープンにする

石油の値上がりに連動して、諸物価も値上がりしていますが、「当社は企業努力してこれだけ経費を詰めたが、…

【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」

今回、共通要求事項・ガイド83が出てきて、今後ISO 14001とISO 9001が改訂されれば要求…

正規審査員だけの審査機関もあります

審査機関の審査員には、プロパーの審査員(一般企業の正社員に相当)と契約審査員(契約社員等に相当)がい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP