Vantage Point

Vantage Point 佐藤真琴さんの中国乗り込み

「自分は中国語が話せない」

佐藤真琴さん(美容室・株式会社PEER代表)は、看護学校の研修生時代に、入院中の末期がん患者の女性と出会う。その女性は、抗がん剤で頭の毛がすべて抜けてしまったので、かつらを買おうとしたのだが、持っていたお金をほとんど治療費に費やしてしまい、高価なかつらが買えず、退院後に自宅に引きこもったまま亡くなった。そんな経験をしたことから、佐藤さんは、「かつらって、ホントはもっと安く作れるんじゃないか」と思い、人毛ウイッグの安いかつらを求めて、英語のホームページを持っている中国のかつらメーカーに片っ端から英語で「小ロットで売ってほしい」旨のメールを出した。400社に出したが、帰ってきた答えはすべてNO。それでも40社ほどのメーカーとやり取りが続き、最終的にチンタオの工場に乗り込むことになったのだが、空港に降り立った時、「自分は中国語が話せない」ことに気づいたという。(詳細はアイソス2月号『社会起業家を支援しよう!』で)

関連記事

  1. Vantage Point マジ?
  2. Vantage Point 本物のグローバル化
  3. Vantage Point アンチ認証国家
  4. Vantage Point 疑わしきはクロ
  5. Vantage Point 取得動機
  6. Vantage Point 内部監査のクライアント
  7. Vantage Point オープンソース
  8. Vantage Point 1996年3月6日

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 1 「統計的手法より予測が重要だ」

新年明けましておめでとうございます。今年の初仕事は、私が取材を兼ねてビデオ撮影した、…

吉澤正さんを悼む

筑波大学名誉教授の吉澤正(よしざわ・ただし)さんが2012年12月17日、脳出血でお亡くなりになった…

GHG検証審査で明らかになってきたこと

エネルギーの大手ユーザーでありながらISO 14001をとっていない組織がたくさんあることが、環境省…

Vantage Point 組織の時代

「組織が審査機関を選ぶ時代になってきた」2010年2月23日、日本適合性認定協会(JAB)主催の…

ISO 50001認証は欧州が8割

ISO Surveyが発表したデータによると、2011年末のISO 50001(エネルギーマネジメン…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP