Vantage Point

Vantage Point 佐藤真琴さんの中国乗り込み

「自分は中国語が話せない」

佐藤真琴さん(美容室・株式会社PEER代表)は、看護学校の研修生時代に、入院中の末期がん患者の女性と出会う。その女性は、抗がん剤で頭の毛がすべて抜けてしまったので、かつらを買おうとしたのだが、持っていたお金をほとんど治療費に費やしてしまい、高価なかつらが買えず、退院後に自宅に引きこもったまま亡くなった。そんな経験をしたことから、佐藤さんは、「かつらって、ホントはもっと安く作れるんじゃないか」と思い、人毛ウイッグの安いかつらを求めて、英語のホームページを持っている中国のかつらメーカーに片っ端から英語で「小ロットで売ってほしい」旨のメールを出した。400社に出したが、帰ってきた答えはすべてNO。それでも40社ほどのメーカーとやり取りが続き、最終的にチンタオの工場に乗り込むことになったのだが、空港に降り立った時、「自分は中国語が話せない」ことに気づいたという。(詳細はアイソス2月号『社会起業家を支援しよう!』で)

関連記事

  1. Vantage Point アンチ認証国家
  2. Vantage Point 維持審査
  3. Vantage Point 有能な事務局
  4. Vantage Point 先輩の言葉
  5. Vantage Point 人材
  6. Vantage Point 1996年3月6日
  7. Vantage Point 疑わしきはクロ
  8. Vantage Point インセンティブ

ピックアップ記事

9月26日の群馬公演プレゼン

9月26日に群馬ISO機構主催による「第10回記念管理責任者フォーラム」で40分程度のプレゼンを行い…

「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果

国交省が実施している運輸安全マネジメント制度は平成18 年10 月からスタートしているので、はや6年…

群馬ISO機構が第10回記念管理責任者フォーラム開催

群馬ISO機構(事務局:CRI中央総研)主催の「ISO管理管理責任者フォーラム」が9月26日13:3…

白あんの鯛焼きですけど?

「おまえなんか、もう、出て行けよ!」「分かりました。ちょっと出てきます」新年早々、妻が車でプ…

釜井秀夫さんとの30分

ISMSコンサルタントの釜井秀夫さんと30分ほど差しでお話をする機会を得ました。「QMSと比較し…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP