Vantage Point

Vantage Point 佐藤真琴さんの中国乗り込み

「自分は中国語が話せない」

佐藤真琴さん(美容室・株式会社PEER代表)は、看護学校の研修生時代に、入院中の末期がん患者の女性と出会う。その女性は、抗がん剤で頭の毛がすべて抜けてしまったので、かつらを買おうとしたのだが、持っていたお金をほとんど治療費に費やしてしまい、高価なかつらが買えず、退院後に自宅に引きこもったまま亡くなった。そんな経験をしたことから、佐藤さんは、「かつらって、ホントはもっと安く作れるんじゃないか」と思い、人毛ウイッグの安いかつらを求めて、英語のホームページを持っている中国のかつらメーカーに片っ端から英語で「小ロットで売ってほしい」旨のメールを出した。400社に出したが、帰ってきた答えはすべてNO。それでも40社ほどのメーカーとやり取りが続き、最終的にチンタオの工場に乗り込むことになったのだが、空港に降り立った時、「自分は中国語が話せない」ことに気づいたという。(詳細はアイソス2月号『社会起業家を支援しよう!』で)

関連記事

  1. Vantage Point 組織の時代
  2. Vantage Point 低価格攻勢
  3. Vantage Point 仕事の課題はいっぺんに燃やす
  4. Vantage Point それは私です
  5. Vantage Point 格付け
  6. Vantage Point 1996年3月6日
  7. Vantage Point 結語
  8. Vantage Point 固有技術の問題

ピックアップ記事

飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞

毎年、工業標準化推進月間である10月に工業標準化事業表彰式が開催されているが、平成24年度の表彰式は…

【ISOS Review】「射精介助」という発想

アイソス連載記事の「社会起業家を支援しよう!」には、毎回、逆転の発想を持つ尊敬すべき人物が登場する。…

JABがあぶり出した問題点

ISO9001認証組織から「QMSがうまく機能していない」という声が上がった場合、その要因は組織側だ…

【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身

─ 2月に開催された(ISO 14001の)第1回改正会議ではどのような作業を行ったのですか。…

ISO 50001でJAB訪問

7月25日にはISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の認定申請受付(ISO 50001…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP