日常の気づき

艦長の心

先日、いそいそフォーラムの艦長(同フォーラム主催者)と、
新橋の中華料理店で飲みました。
彼はウーロン茶を、私は生ビールを、
ジョッキで何杯か空けながら語り合いました。
艦長とじっくり話すのは3年ぶりです。

「語り合う」といっても、
私が質問し、艦長が答えるということの繰り返しです。
話が煮詰まってきて、艦長が、
「ああ、それはきっとこういうことだね」と結論を出すと、
1つのセッションが終わります。
たぶん10セッションくらいはこなしたと思います。

一番最後のセッションは、
艦長の心についてでした。
私は艦長に対して、こう言いました。

あなたの心の真ん中に虚無を感じる。
あなたは、仕事で人と対話したり、
人前でプレゼンしたりするときは、
ものすごくパワフルで明るいのだが、
普段1人で座っているとそれとはまったく逆で、
ひっそりしている。
端で見ていると、
その落差が非常に大きい。

私の言に対して、艦長はこう答えました。

からくり絵本ってあるでしょう?
私はからくり絵本に閉じてある人間みたいなもんです。
普段は平面に横たわっているのですが、
本を開くと、
ムクッと元気に起き上がってくるのです。

私は艦長の比喩のうまさに舌を巻き、
艦長もこの結論に満足そうでした。

関連記事

  1. 電車通勤の日々
  2. 葬儀と子ども
  3. 至福の連鎖
  4. おまわりさんの力量
  5. 初夏のテナント事務所
  6. 自分に染みついているもの
  7. 水張りの日
  8. 仁義なき戦い

ピックアップ記事

Vantage Point 維持審査

「健康診断の時にはせめて綺麗なパンツで臨みましょう!!」2月9日、あるメーリングリストで、迷…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月12日付のプレスリリースで、2012年12月末時点での国内…

認証機関の課題克服モデル

認証機関のトップの方を取材すると、全体の認証件数が頭打ちになっている状況の中で、実に明確に自機関の今…

エクソシスト

ホラー映画の古典「エクソシスト」(ウィリアム・フリードキン監督、1974年公開)。少女に取り憑いた悪…

葬儀と子ども

先月のことです。TOMOさんのお母様の葬儀に、小さな男の子がきていました。お母さんと一緒に場…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP