日常の気づき

ご近所さん

tachikawa当社事務所はペンシルビルの5階にあります。
この時期、まだ冷房は入りません。
窓を開け、扇風機を回していると、
ふと、妙に静かなのに気づきました。

そういえば、近所のガソリンスタンドの女性の声が聞こえてきません。
毎朝、「オーライ、オーライ、オーライ、オッケ〜イ!」とすばらしく大きな声で車を誘導していたのに。

派遣社員の女性に聞いてみました。
「聞こえなくなりましたね。転職しちゃったんですかね。ほんと、元気な声で。やっぱり、男の人だと、あそこまで声が通りませんよね」

あんないい声を出しながら仕事をしているなら、きっと楽しいに違いないと勝手に思っていたのです。
だから、ずっと仕事もお続けになるだろうと。

声しか知らない女性ですが、自分の日々の生活に気合いを入れてくれる大事な人でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「雑誌のデジタル進化は可能か?」
  2. 電車通勤の日々
  3. 至福の連鎖
  4. 自分に染みついているもの
  5. 初陣
  6. 葬儀と子ども
  7. 仁義なき戦い
  8. 小柴昌俊氏の来校講演

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 道友
    • 2011年 6月 13日

    我が家の猫たちの天敵とも言える野良猫の“おっさん”が姿を見せなくなりました。
    我が家の猫たちにとっては念願の平和な日々の到来なのかもしれません。でも、同居人の私にとっては、見慣れた「ご近所さん」の姿がないことは、それはそれでなんとなく居心地の悪いものでした。
    先日、久々に“おっさん”がのっしのっしと歩いているのを見て、「あっ、よかった」と思いました。
    でも、我が家の猫たちは悲嘆に暮れているのかも。

    • 中尾優作
    • 2011年 6月 14日

    犬の場合、「あれ? あの人、いつものように犬を連れないで、一人で散歩してる」と気づいたら、たいていその犬はフェラリア等で死んでます。
    その点、猫は違いますね。人に繋がれていないから、数日見なくても、ひょっこり登場する可能性がある。“おっさん”が健在でなによりです(笑)。

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」

飯塚悦功プロジェクト第4弾の映像を掲載します。今回の映像は、アイソス2009年2月号の連載前…

Vantage Point 低価格攻勢

「当機関でも、認証登録をしたとたん、すぐにその登録組織の事務所に他機関の営業が来ている」2月…

ヨーガ断食合宿1日目 汗ビショで温泉

午前10時、JR根府川駅に到着。10分ほどして、ワゴン車が駅に着き、若い女性1人と体格の良い白髪の男…

意図を理解しない日々

【小学校の社会科の授業で】先生「田植えの時期に雨が降ると喜ぶのは誰でしょう?」中尾「カエルで…

ISO 22301の発行は今夏になりそう

ISO/TC 223(社会セキュリティ)で開発中のISO 22301(事業継続マネジメントシステム要…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP