日常の気づき

ご近所さん

tachikawa当社事務所はペンシルビルの5階にあります。
この時期、まだ冷房は入りません。
窓を開け、扇風機を回していると、
ふと、妙に静かなのに気づきました。

そういえば、近所のガソリンスタンドの女性の声が聞こえてきません。
毎朝、「オーライ、オーライ、オーライ、オッケ〜イ!」とすばらしく大きな声で車を誘導していたのに。

派遣社員の女性に聞いてみました。
「聞こえなくなりましたね。転職しちゃったんですかね。ほんと、元気な声で。やっぱり、男の人だと、あそこまで声が通りませんよね」

あんないい声を出しながら仕事をしているなら、きっと楽しいに違いないと勝手に思っていたのです。
だから、ずっと仕事もお続けになるだろうと。

声しか知らない女性ですが、自分の日々の生活に気合いを入れてくれる大事な人でした。

関連記事

  1. 「モネとジヴェルニーの画家たち」は立ち去り難し
  2. おまわりさんの力量
  3. 葬儀と子ども
  4. 自分に染みついているもの
  5. 電車通勤の日々
  6. 初夏のテナント事務所
  7. 意図を理解しない日々
  8. 初陣

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 道友
    • 2011年 6月 13日

    我が家の猫たちの天敵とも言える野良猫の“おっさん”が姿を見せなくなりました。
    我が家の猫たちにとっては念願の平和な日々の到来なのかもしれません。でも、同居人の私にとっては、見慣れた「ご近所さん」の姿がないことは、それはそれでなんとなく居心地の悪いものでした。
    先日、久々に“おっさん”がのっしのっしと歩いているのを見て、「あっ、よかった」と思いました。
    でも、我が家の猫たちは悲嘆に暮れているのかも。

    • 中尾優作
    • 2011年 6月 14日

    犬の場合、「あれ? あの人、いつものように犬を連れないで、一人で散歩してる」と気づいたら、たいていその犬はフェラリア等で死んでます。
    その点、猫は違いますね。人に繋がれていないから、数日見なくても、ひょっこり登場する可能性がある。“おっさん”が健在でなによりです(笑)。

ピックアップ記事

SSMシンポに190名参加

日科技連主催による「第4回知識構造化シンポジウム」が9月7日、午後1時30分から5時まで日科技連本部…

SRの国際規格が5月にFDIS作成へ

3月3日にISOが発表したプレスリリースによりますと、ISO 26000という番号が付いている社会的…

Vantage Point 取得動機

「4.6.3 c) があるからです」1995年11月20日の取材で、「どうして顧客から要求さ…

品質保証部長と工場長

本日、あるFSSC 22000(食品安全マネジメントシステム:ISO 22000+PAS 220)認…

第14回是正処置WS

11月20日、東京・審査道無風流道場で開催された第14回是正処置ワークショップ(WS)に参加しました…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP