日常の気づき

小柴昌俊氏の来校講演

杖をついたご老人が壇上に上がり、ぼそぼそと聞き取りにくい声で講演を始めました。聴講したうちの娘と妻はすぐに眠りに入り、二人とも、講演終了の拍手で目が覚めたそうです。講演のあと、質疑応答に入り、2名の学生が質問をしました。

生徒A:「由美かおるが好きだと聞いたのですが」
講師:「由美かおるが僕のことを好きらしいんだよな。よく間違われるんだけど」
(場内笑い)

生徒B:「趣味はなんですか?」
講師:「寝ながら音楽を聴くことです」
生徒B:「じゃあ、僕とおんなじですね」
(場内笑い)

娘の高校に小柴昌俊氏が講演に来られ、保護者として妻も聴講したのですが、妻子ともども講演後の質疑応答の時しか起きておらず、ゆえに皆さんには、これだけのことしかお伝えできません。

関連記事

  1. 電車通勤の日々
  2. 自分に染みついているもの
  3. 女子高生 おでん談義
  4. まもなく知事選
  5. 意図を理解しない日々
  6. 至福の連鎖
  7. 葬儀と子ども
  8. 「雑誌のデジタル進化は可能か?」

ピックアップ記事

吉田敬史さんから共通要求事項を聞く

ISO/TC207国内委員会委員長の吉田敬史さん(グリーンフューチャーズ社長)にお会いしました。主に…

「モネとジヴェルニーの画家たち」は立ち去り難し

「モネとジヴェルニーの画家たち」という印象派絵画展が渋谷のBunkamuraで開催されていたので夕方…

Amazonでアイソスの予約も可能に

システム規格社は月刊誌『アイソス』のアマゾンでの販売を11月14日から開始しました。今のところ、売上…

いずみ市民生協がゲスト監査員を招いてDO監査実施

大阪いずみ市民生活協同組合(本部・大阪府堺市、以下、いずみ市民生協)は、8月1〜2日にかけて、内部監…

仕入れ値をオープンにする

石油の値上がりに連動して、諸物価も値上がりしていますが、「当社は企業努力してこれだけ経費を詰めたが、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP