日常の気づき

小柴昌俊氏の来校講演

杖をついたご老人が壇上に上がり、ぼそぼそと聞き取りにくい声で講演を始めました。聴講したうちの娘と妻はすぐに眠りに入り、二人とも、講演終了の拍手で目が覚めたそうです。講演のあと、質疑応答に入り、2名の学生が質問をしました。

生徒A:「由美かおるが好きだと聞いたのですが」
講師:「由美かおるが僕のことを好きらしいんだよな。よく間違われるんだけど」
(場内笑い)

生徒B:「趣味はなんですか?」
講師:「寝ながら音楽を聴くことです」
生徒B:「じゃあ、僕とおんなじですね」
(場内笑い)

娘の高校に小柴昌俊氏が講演に来られ、保護者として妻も聴講したのですが、妻子ともども講演後の質疑応答の時しか起きておらず、ゆえに皆さんには、これだけのことしかお伝えできません。

関連記事

  1. 至福の連鎖
  2. 自分に染みついているもの
  3. まもなく知事選
  4. smashmediaの猫
  5. 水張りの日
  6. 「モネとジヴェルニーの画家たち」は立ち去り難し
  7. クライマーズ・ハイ
  8. 公務員適正検査

ピックアップ記事

妻のDecision Tree

FSMS審査員:最も管理レベルが低いのは?妻:夫です。長時間放置しておくと腐ってしまい、どこ…

菅原貴弘・エルテス社長に聞く ネット炎上のからくりと対策

リスクに特化したビッグデータ解析で定評のあるエルテス(本社・東京都港区、菅原貴弘社長)が調査したとこ…

Vantage Point 疑わしきはクロ

 「私は、認証審査においては『疑わしきはクロ』という原則に従うべきだと考えています」アイソス…

ISOファシリテーションの現場を取材

ある会社での「QMSを活用するための戦略目標会議」を取材する機会を得ました。階層で言えば、会社の役員…

図鑑に出ていないチョウ

去年の彼岸、コスモスに飛来したツマグロヒョウモンを見ました。きょう、同じ場所に飛んで来た…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP