日常の気づき

「モネとジヴェルニーの画家たち」は立ち去り難し

「モネとジヴェルニーの画家たち」という印象派絵画展が渋谷のBunkamuraで開催されていたので夕方に見に行った。

油絵の具特有の盛りが見せる立体的な質感といまベタベタと塗られたばかりような光沢を併せ持って

クロード・モネ《草原の夕暮れ、ジヴェルニー》の深緑のポプラの葉が291-blec.jpgジョン・レスリー・ブレック《ジヴェルニーの庭》に咲く濃赤色や白色の花が

288-mone2.jpgブランシュ・オシュデ=モネ《アジュー平地の積みわら、ジヴェルニー》の釣り鐘状に積まれた藁の山が

キャンバス上にずっと浮き出たまま存在を放っているので、こちらもなかなかその場から立ち去れない。

290-batorer.jpgセオドア・アール・バトラー《トランプをする人々》の踊るような筆のタッチにも吸い込まれるが

ドーソン・ドーソン=ワトソン《ジヴェルニー、西の教会へ向かう道》の白く盛った絵の具の前に立つと、もうしばらく動けない。

日差しの強い昼のさなか、あたかも自分が絵に描かれた道の真ん中に立って、照り返しで白く発色する地面や壁をまぶしそうに見つめているかのようだ。ジヴェルニーなんて村、行ったこともないのに、「そう、天気の良い日は、ちょうどこんな感じなんだ」と思ってしまう。

289-watoson.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「新しい雑誌ビジネスを探る」 嶋浩一郎氏のプレゼン
  2. 公務員適正検査
  3. クライマーズ・ハイ
  4. 「雑誌のデジタル進化は可能か?」
  5. 水張りの日 part2
  6. smashmediaの猫
  7. 葬儀と子ども
  8. 電車通勤の日々

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の…

【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ” その1

─ せっかくの機会なので、二者監査のコツについて教えてください。サプライヤーや顧客からの提供データだ…

この6年間のISO 9001認証争奪戦

JABは四半期に1度、JAB認定・非認定を問わず、認証機関対象に認証件数のアンケート調査を実施し、プ…

飯塚悦功プロジェクト 0

本日午後、飯塚悦功さん(東京大学大学院工学系研究科教授)を東大の飯塚研究室で取材しました。取材内容…

OKI 有効性にこだわる監査

今日はOKI・通信事業グループにおける内部監査への取り組みを取材しました。対応いただいたのは、ビジネ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP