日常の気づき

「モネとジヴェルニーの画家たち」は立ち去り難し

「モネとジヴェルニーの画家たち」という印象派絵画展が渋谷のBunkamuraで開催されていたので夕方に見に行った。

油絵の具特有の盛りが見せる立体的な質感といまベタベタと塗られたばかりような光沢を併せ持って

クロード・モネ《草原の夕暮れ、ジヴェルニー》の深緑のポプラの葉が291-blec.jpgジョン・レスリー・ブレック《ジヴェルニーの庭》に咲く濃赤色や白色の花が

288-mone2.jpgブランシュ・オシュデ=モネ《アジュー平地の積みわら、ジヴェルニー》の釣り鐘状に積まれた藁の山が

キャンバス上にずっと浮き出たまま存在を放っているので、こちらもなかなかその場から立ち去れない。

290-batorer.jpgセオドア・アール・バトラー《トランプをする人々》の踊るような筆のタッチにも吸い込まれるが

ドーソン・ドーソン=ワトソン《ジヴェルニー、西の教会へ向かう道》の白く盛った絵の具の前に立つと、もうしばらく動けない。

日差しの強い昼のさなか、あたかも自分が絵に描かれた道の真ん中に立って、照り返しで白く発色する地面や壁をまぶしそうに見つめているかのようだ。ジヴェルニーなんて村、行ったこともないのに、「そう、天気の良い日は、ちょうどこんな感じなんだ」と思ってしまう。

289-watoson.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 小柴昌俊氏の来校講演
  2. 葬儀と子ども
  3. 艦長の心
  4. 「雑誌のデジタル進化は可能か?」
  5. 意図を理解しない日々
  6. 水張りの日
  7. 至福の連鎖
  8. まもなく知事選

ピックアップ記事

為定明雄氏の特別講演 速報

10月23日に開催された「日科技連 ISO推進者会議 50回記念大会」の特別講演「消費の変化と顧客づ…

キックオフ研修(東京/病院・医療編)

経済産業省「事業競争力強化モデル事業」をスタートするにあたり、参加メンバーによる同事業の目的の再認識…

TS16949講師/試験官・川手昇三氏執筆の電子書籍発売

ISO/TS 16949審査員試験コース講師・試験官である川手昇三さん執筆の電子書籍『ISO/TS …

【震災寄稿 No.4】 震災に関して思いをあらたにしたこと

地震対策を勉強してこられた方からの投稿です。某自動車部品メーカーから学んだことが報告されています…

【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん

今年2月からISO/TC176(品質マネジメントを審議する技術委員会)の国内委員会のメンバーとして活…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP