日常の気づき

「モネとジヴェルニーの画家たち」は立ち去り難し

「モネとジヴェルニーの画家たち」という印象派絵画展が渋谷のBunkamuraで開催されていたので夕方に見に行った。

油絵の具特有の盛りが見せる立体的な質感といまベタベタと塗られたばかりような光沢を併せ持って

クロード・モネ《草原の夕暮れ、ジヴェルニー》の深緑のポプラの葉が291-blec.jpgジョン・レスリー・ブレック《ジヴェルニーの庭》に咲く濃赤色や白色の花が

288-mone2.jpgブランシュ・オシュデ=モネ《アジュー平地の積みわら、ジヴェルニー》の釣り鐘状に積まれた藁の山が

キャンバス上にずっと浮き出たまま存在を放っているので、こちらもなかなかその場から立ち去れない。

290-batorer.jpgセオドア・アール・バトラー《トランプをする人々》の踊るような筆のタッチにも吸い込まれるが

ドーソン・ドーソン=ワトソン《ジヴェルニー、西の教会へ向かう道》の白く盛った絵の具の前に立つと、もうしばらく動けない。

日差しの強い昼のさなか、あたかも自分が絵に描かれた道の真ん中に立って、照り返しで白く発色する地面や壁をまぶしそうに見つめているかのようだ。ジヴェルニーなんて村、行ったこともないのに、「そう、天気の良い日は、ちょうどこんな感じなんだ」と思ってしまう。

289-watoson.jpg

関連記事

  1. 初陣
  2. 「新しい雑誌ビジネスを探る」 嶋浩一郎氏のプレゼン
  3. smashmediaの猫
  4. 仁義なき戦い
  5. 至福の連鎖
  6. 小柴昌俊氏の来校講演
  7. 水張りの日
  8. まもなく知事選

ピックアップ記事

茜色に輝く人

JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その1)

「JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012」(GFSIが2010年から毎年開催している食…

「8.5.1 継続的改善」

QMSの有効性の改善は、製品改善に結びついていないと意味がないのではないか。これは世界のIS…

TÜV Rheinlandに学ぶ

昨年の外為法改正や今年4月からの輸出者等遵守規準(輸出者によるコンプライアンスプログラム制定の義務化…

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP