少年野球

少年野球の4月

私が通っている少年野球チームで、ついにこの日曜日、旧6年生が1人も来なくなりました。卒団式のあとも、数人は練習に来ていたのですが、週を重ねるにつれ、だんだん来なくなり、ついにこの日曜日はゼロになりました。

一方で、新しい子どもたちがポツポツ入ってきています。入ってくる子どもと卒団していく子ども、そういう発展のフローの中で、野球を教えている自分だけが、まるで流れるコンベヤの中でじっと座って作業をしているオペレーターのように、止まって見えることがあります。「俺の教え方は進歩しているのだろうか?」などと考え、そこで行き詰まった場合は、よその強いチームの監督にお願いして、練習を見せてもらったりして刺激をいただきます。

もちろん普段は「俺の教え方は進歩しているのだろうか?」なんて、考えもしません。ただ漫然と教えているだけです。ですが、子どもたちとの出会いと別れが交錯するこの月には、そんなことを考えたりもするのです。

関連記事

  1. チューケーッ!
  2. 野球少年の逆境
  3. 少年野球とバット
  4. 少年野球とコンビニ弁当
  5. エラープルーフ 容易編 その2(中尾家の場合)
  6. 本当はピッチャーをやりたい
  7. ばっちこ〜い
  8. 少年野球の監督をしてると

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2010年 4月 22日

    私もこの感覚は味わっています。
    毎年GWには、地元の新聞社(プロ球団をもつ)主催で、小学校と中学校の大会が同じ会場で開催され、かつて教えた子たちが隣の大人サイズのグランドで試合をしているのを見かけます。
    小学校の2?3年の子たちが新たに入団しています。
    何ともかわいい子たち。
    この子たちを上手にしてあげるために、これまでよりもっとよい教え方をせねばと感じる今日この頃です。
    これも継続的改善なんですねぇ。

    • 中尾優作
    • 2010年 4月 22日

    イソハドーグさんへ
    >小学校と中学校の大会が同じ会場で開催され
    教え子とこれから教える子が一緒にグラウンドにいる、目に浮かぶようなコントラストですね。これはいやがうえでも「よっしゃ!」っていう気になりますなあ。

ピックアップ記事

林深則鳥棲 水廣則魚游

書をたしなむ娘に一筆書いてもらった。林深則鳥棲 水廣則魚游深い林には鳥が棲み、水が豊…

Amazonから日吉信晴・奥村朋子著『ISO/TS 16949に基づいた内部監査のあり方』発売

ISO/TS 16949審査員として活躍中であり、月刊誌アイソスの人気執筆者である日吉信晴・奥村朋子…

【震災寄稿 No.5】 多くの人のあたたかみを肌身で感じた2週間

茨城県北部在住で被災された方からのご寄稿です。ご近所の方々と助け合って過ごされた2週間の体験が書…

「PDCA」は頭でっかちな表現だ

塩田智哉さん(写真)は、食の安心・安全をサポートするサービス会社であるイカリ消毒で、長年営業マンとし…

日産自動車のSSM

本日、日産自動車のパワートレイン開発本部を訪問し、SSM(不具合発生のメカニズムを未然防止に活用する…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP