少年野球

本当はピッチャーをやりたい

少年野球のお手伝いをしていなかったら、野球をやっている子はみんな本当はピッチャーをやりたいんだ、ってことに、私は気づかなかったでしょう。

休憩時間に、足で土の上にラインを引いて、
そこから歩幅でだいたい16メートルを測り、
ベースを置き、座ってミットを構えると、
ラインのそばでは、もう子どもたちが行列をつくっていて、
先頭の子が「監督、一人何球ずつですか?」って聞いてきます。

関連記事

  1. 少年野球の監督をしてると
  2. 少年野球とコンビニ弁当
  3. 盗塁しない
  4. センセー!
  5. チューケーッ!
  6. 少年野球と水たまり
  7. エラープルーフ 容易編 その2(中尾家の場合)
  8. 少年野球とノック

ピックアップ記事

ピーちゃんの初夏

アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000

認定されたFSSC 22000認証でないと、正式なものとは言えない。正確に言えば、認定機関か…

フランス料理でISO 22000/22002-1

フランス料理レストラン「シェ・ケン」の若松店(千葉市、写真)におじゃまして、株式会社シェ・ケン代表取…

【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横

TQCは職制による縦割りの活動です。日頃は自分の部署の仕事に没頭し、部署内の仕事に対する改善提案など…

監査員検定1級合格 竹内眞由美さん

日本科学技術連盟主催・運営によるマネジメントシステム監査員検定において、監査員検定1級に合格された竹…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP