少年野球

本当はピッチャーをやりたい

少年野球のお手伝いをしていなかったら、野球をやっている子はみんな本当はピッチャーをやりたいんだ、ってことに、私は気づかなかったでしょう。

休憩時間に、足で土の上にラインを引いて、
そこから歩幅でだいたい16メートルを測り、
ベースを置き、座ってミットを構えると、
ラインのそばでは、もう子どもたちが行列をつくっていて、
先頭の子が「監督、一人何球ずつですか?」って聞いてきます。

関連記事

  1. 少年野球とコンビニ弁当
  2. 野球少年の逆境
  3. 少年野球とノック
  4. センセー!
  5. 少年野球と水たまり
  6. 少年野球とバット
  7. 少年野球の4月
  8. 私の少年野球事始め

ピックアップ記事

おまわりさんの力量

中古のワーゲンを買って2日目。朝起きてみると、左前輪のホイール・キャップがありません。昨日は…

中尾元子 82年史 その2

母は3人の子どもの世話から手が離れると、つまり末っ子の私が小学校に行くようになると、自宅でピアノ塾を…

訃報 樋口宗之氏(前日本検査キューエイ社長)

ISO認証機関である日本検査キューエイ(JICQA)の前社長である樋口宗之(ひぐち・むねゆき)氏が2…

河野武さんの脚注

「そんなんじゃクチコミしないよ。」河野武さんの本です。脚注まできちんと作り込まれています。…

チェックリストをやめた日本生協連

日本生活協同組合連合会(日本生協連)の内部監査を取材しました。日本生協連では2013年度から、これま…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP