少年野球

本当はピッチャーをやりたい

少年野球のお手伝いをしていなかったら、野球をやっている子はみんな本当はピッチャーをやりたいんだ、ってことに、私は気づかなかったでしょう。

休憩時間に、足で土の上にラインを引いて、
そこから歩幅でだいたい16メートルを測り、
ベースを置き、座ってミットを構えると、
ラインのそばでは、もう子どもたちが行列をつくっていて、
先頭の子が「監督、一人何球ずつですか?」って聞いてきます。

関連記事

  1. ばっちこ〜い
  2. 私の少年野球事始め
  3. 少年野球の監督をしてると
  4. チューケーッ!
  5. 少年野球とバット
  6. 低学年の野球練習で
  7. 少年野球とコンビニ弁当
  8. 少年野球の4月

ピックアップ記事

iPhoneサイト作成

ブログ「アイソス日記」のiPhoneサイトを作成しました。http://yusakunakao.…

「1.1 一般」

今日はISO 9001:2008「1 適用範囲」の「1.1 一般」を見てみましょう。2000年版の参…

ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動

省エネルギーセンター・エネルギーマネジメントシステム審査員評価登録センター(CEMSAR:「セムサー…

ISO 50001とISO 14001との相違点(3)

「ISO 50001とISO 14001との主要相違点」の第3回目で「4.5 実施及び運用」の続き。…

監査員検定1級合格 竹内眞由美さん

日本科学技術連盟主催・運営によるマネジメントシステム監査員検定において、監査員検定1級に合格された竹…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP