少年野球

本当はピッチャーをやりたい

少年野球のお手伝いをしていなかったら、野球をやっている子はみんな本当はピッチャーをやりたいんだ、ってことに、私は気づかなかったでしょう。

休憩時間に、足で土の上にラインを引いて、
そこから歩幅でだいたい16メートルを測り、
ベースを置き、座ってミットを構えると、
ラインのそばでは、もう子どもたちが行列をつくっていて、
先頭の子が「監督、一人何球ずつですか?」って聞いてきます。

関連記事

  1. 少年野球の監督をしてると
  2. 少年野球とコンビニ弁当
  3. 低学年の野球練習で
  4. 盗塁しない
  5. 少年野球の4月
  6. 少年野球とバット
  7. 少年野球とノック
  8. 私の少年野球事始め

ピックアップ記事

2008年版 翻訳上の変更

JIS Q 9001の2000年版が2008年版に改訂される際、翻訳上(原文上ではない)でいくつか大…

第2回JAB_MSシンポ イチオシの写真

今年3月13日に開催されたJAB主催の第2回マネジメントシステムシンポジウムにおいて、JAあいち経済…

ダイキン工業のSSM

ダイキン工業滋賀製作所のSSM(不具合発生のメカニズムを未然防止に活用するための知識構造モデル)を取…

ISO 9001公開討論会 速報

本日、JAB主催の「ISO 9001公開討論会」が東京ビックサイトで開催された。第15回目を迎える今…

Food Safety Day Japan 2013(7) 日本コカ・コーラは農産物にフォーカス

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP