少年野球

少年野球と水たまり

雨でグラウンドのあちこちに大きな水たまりができました。
今日の少年野球は、ランニングとキャッチボールくらいしかできませんでした。

ただ、フライの練習はやりました。
水たまりに入らないように、ノックでフライを上げるのです。
野手はあまり動かないでボールをキャッチします。
水たまりに落ちそうなボールはとらないでいいことにします。

これ、バンカーだらけの大きなグリーンにボールをうまく乗せるような感じなので、ノック側はけっこう楽しいです。

関連記事

  1. センセー!
  2. 本当はピッチャーをやりたい
  3. 少年野球とノック
  4. 野球少年の逆境
  5. 少年野球とバット
  6. 少年野球の父母会
  7. 盗塁しない
  8. 低学年の野球練習で

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2009年 9月 14日

    あいかわらず、やってる人じゃないとわかんないことですが、
    私のチームのコーチ陣は、水たまりがなくても、ピンポイントノックに励んでいます。それは、まだフライの落下点にはいれず捕球できない子供に対して、こどもが一歩も動かずに、とれる球を打つノックです。いかにも自分の力で捕球できたような気持を体験させ、フライの恐怖感をなくそうというものです。もちろん、そう何度もねらったとこには打てませんけどね。一日で三球くらいはいけますよ。

    • 中尾優作
    • 2009年 9月 14日

    イソハドーグさんへ
    <いかにも自分の力で捕球できたような気持を体験させ、フライの恐怖感をなくそうというものです。
    普通のキャッチボールはできるのに、フライになったとたん、とれなくなる子どもっていますね。なんでなんだろうと思っていましたが、そうか、「恐怖感」かあ。確かに、自分の頭の上のほうから落ちてくるボールって、恐いものでしょうね。
    捕球体験って大事ですよね。一度捕球できると、すごくウレシイみたいです。「今度は、もっと高いの打ってぇ〜!」とか、「もっとむずかしいの〜!」とか、注文をつけてきます。

ピックアップ記事

石井俊彦さんを悼む

「トシちゃん」こと石井俊彦さんが昨日お亡くなりになりました。石井さんは1944年6月27日生まれ、享…

「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概要速報(午前の部)

主催による「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」が10月30日9:30〜18:00…

中尾元子 82年史 その1

私の母・中尾元子(なかお・もとこ)は、1930年(昭和5年)1月1日に寺本家の6人兄弟の末っ子(兄2…

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希…

あなたの機関は大丈夫?

一般財団法人岐阜県公衆衛生検査センター・ISO審査認証部(GRCA)は、3月31日でISO認証事業を…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP