少年野球

少年野球と水たまり

雨でグラウンドのあちこちに大きな水たまりができました。
今日の少年野球は、ランニングとキャッチボールくらいしかできませんでした。

ただ、フライの練習はやりました。
水たまりに入らないように、ノックでフライを上げるのです。
野手はあまり動かないでボールをキャッチします。
水たまりに落ちそうなボールはとらないでいいことにします。

これ、バンカーだらけの大きなグリーンにボールをうまく乗せるような感じなので、ノック側はけっこう楽しいです。

関連記事

  1. 盗塁しない
  2. エラープルーフ 容易編 その2(中尾家の場合)
  3. 少年野球の父母会
  4. 少年野球とバット
  5. 少年野球とコンビニ弁当
  6. 野球少年の逆境
  7. 本当はピッチャーをやりたい
  8. 私の少年野球事始め

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2009年 9月 14日

    あいかわらず、やってる人じゃないとわかんないことですが、
    私のチームのコーチ陣は、水たまりがなくても、ピンポイントノックに励んでいます。それは、まだフライの落下点にはいれず捕球できない子供に対して、こどもが一歩も動かずに、とれる球を打つノックです。いかにも自分の力で捕球できたような気持を体験させ、フライの恐怖感をなくそうというものです。もちろん、そう何度もねらったとこには打てませんけどね。一日で三球くらいはいけますよ。

    • 中尾優作
    • 2009年 9月 14日

    イソハドーグさんへ
    <いかにも自分の力で捕球できたような気持を体験させ、フライの恐怖感をなくそうというものです。
    普通のキャッチボールはできるのに、フライになったとたん、とれなくなる子どもっていますね。なんでなんだろうと思っていましたが、そうか、「恐怖感」かあ。確かに、自分の頭の上のほうから落ちてくるボールって、恐いものでしょうね。
    捕球体験って大事ですよね。一度捕球できると、すごくウレシイみたいです。「今度は、もっと高いの打ってぇ〜!」とか、「もっとむずかしいの〜!」とか、注文をつけてきます。

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答

6月11日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答は、2「管理…

【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ

社員内部監査員ゼロというのは、かなり思い切ったやり方ですね。「経営層に影響を与える内部監査」…

「0.3 JIS Q 9004との関係」

今日はISO 9001の「0.3  JIS Q 9004との関係」が、2008年版でどう変わったかを…

中尾元子 82年史 その5

「中尾元子 82年史」シリーズの最後に、母の画歴を紹介します。1930年 大阪府に生まれる…

JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う

日本能率協会審査登録センター(JMAQA)の上級経営管理者である佐々木隆氏(JTB代表取締役会長)に…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP