少年野球

センセー!

少年野球の休憩時間。
低学年の子どもたちがおしゃべりをしています。

「運動会って、いつだっけ?」
「もうそろそろじゃない」
「運動会の時、最初に高学年が出てきて『センセー!』ってやるじゃない。あれって校長先生のこと?」
「そうでしょ。だって、校長先生の顔を見て言ってるよ」
「だったら、なんで『校長センセー!』って言わないの」
「そうかあー。じゃあ、先生全員かなあ」
「そうだよ、きっと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 野球少年の逆境
  2. 少年野球とノック
  3. 少年野球の父母会
  4. 少年野球とコンビニ弁当
  5. 本当はピッチャーをやりたい
  6. 少年野球の4月
  7. チューケーッ!
  8. 少年野球と水たまり

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • イソハドーグ
    • 2009年 5月 07日

    中尾さん、こんちは。このテのネタは、コメントしないと(^^)
    奇遇ですが、「センセー」に関しては、私も同じ体験があります。
    ところで、昨年の6年生チームの監督から、今年は4年生以下の
    監督になったのですが、この差は大きいですね。
    すぐ砂遊びしだすし、野球のルールは知らないし…。
    こんどの週末は、砂遊びの防止処置(軽くボールをぶつけてやる)と、ノーアウト・ワンアウトでフライがあがったときの走塁を教えることにしよう。

    • 中尾優作
    • 2009年 5月 07日

    イソハドーグさんへ
    低学年の砂遊びはもう条件反射的行動ですね。すわらせたとたん、砂遊び。
    以前、砂遊びをやっている連中に、注意のつもりでホースで水をかけたら、それがまた快感だったみたいで、逆効果でした。

    • 迷える仔豚
    • 2009年 5月 07日

    子供のホノボノとした話と思えなくなっちゃっているのは職業病かなぁ・・・・
    「センセイ」という言葉の意味が正しく伝えられていない。
    その結果、誤った判断をしてしまう。
    さらには、誤った内容について独自の(勝手な)判断を付け加えることでもっともらしい解釈を作ってしまってその集団独自の解釈として定着させてしまっています。
    既視感があると言うか、よくある話と言うか・・・・
    そんな話題提供じゃぁないですよネェ。。。。。

    • 中尾優作
    • 2009年 5月 07日

    迷える仔豚さんへ
    <そんな話題提供じゃぁないですよネェ。。。。。
    イエイエ、よくぞ突っ込んでくれました。この話、イソハドーグさんも経験済みなんですね。聞き取り調査をしたわけではありませんが、「宣誓」が「先生」の意味だと思っている小学生って多いと思います。学校で教えていないのですね、きっと。これはちょっとショックでした。

    • イソハドーグ
    • 2009年 5月 08日

    中尾さん、こんちは。
    「ホースで水」は、ウチのチームでも同じで盛り上がるだけです。(^^)
    砂遊び防止処置として、通常は、「砂場に行って遊んでもいいよ(グランドから出て行けの意)」という言葉をかけてますが、一旦は有効でも持続性がありません。砂遊びは、ボールから目を切ることになるので野球的にもだめなんですが、安全面でもっとだめ。だから、軽くボールを当ててやって、ちゃんと見てたら当たんないよということを体験させることも時にはやります。
    おしゃべりをやめさせるのは、こちらが黙って、しゃべってるやつをじっと笑顔で見つめるのが一番いいですね。3秒で静かになります。また自然に子供どうしで注意しあうようになります。

ピックアップ記事

「手引き書」守らないと手を引きます

ISO規格でタイトルに「手引き」と付けば、guidelineかguidanceの訳語で、「これは要求…

「7.5.4 顧客の所有物」

今日は「7.5.4 顧客の所有物」です。お客さんの所有物を預かる運送業者、倉庫業者、宅配業者、引…

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。…

速報 QMS/EMS認証件数(2011.9)

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は11月2日付のプレスリリースで、2011年9月末時点での国…

アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」

現在アイソスでは、超ISO企業研究会が開発した「品質経営実践ツール」に取り組んでいます。1月10日に…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP