読書感想

フロイト『夢解釈』初版の翻訳が出た!

466-freudyume.jpg『夢解釈 〈初版〉』上・下 (単行本、発行:中央公論新社)を書店で発見して、即購入しました。発行日は2012/6/21ですから、まだ出たばかりです。

タイトルに付いている「初版」を見て感動しました。日本でこれまで「初版」の翻訳は出版されたことがないし、原文の「初版」自体も非常に稀少だと聞いていたからです。「もう初版は読めないんだろうなあ」とあきらめていました。

エレンベルガーが書いた力動精神医学史『無意識の発見』という本に、フロイトの『夢解釈』が次のように紹介されています。

「『夢解釈』はその名のみ高くして、今日フロイトの著作の中で最も理解されざるものの1つである。その理由はいくつかある。第一には、原文には版を重ねるごとに多数の変更、付加あるいは削除が加えられて、今日流布している版は、その形式も内容も初版とはかなり異なっているからである。(以下、省略)」

すでに一度『夢解釈』を読んだことがある人も、この「初版」を読む価値はあると思います。

関連記事

  1. タオルマニア
  2. 福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」
  3. 敬老する化粧
  4. 「ルポ 貧困大国アメリカ」
  5. 「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う
  6. 人々のリファレンス・ポイントになるものを
  7. 河野武さんの脚注
  8. 古典の品質保証

ピックアップ記事

RPG「ドラゴン・オーディット」@日吉信晴

「実は以前からアイデアとして持っていて、ぜひ実現したい二者監査のロールプレイングゲーム(RPG)があ…

【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身

─ 2月に開催された(ISO 14001の)第1回改正会議ではどのような作業を行ったのですか。…

父の命日

ある休日のことです。小学生だった私に父がいきなり「おい、釣りに行こか?」と声をかけてきま…

YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」

2010年4月28日午後、月刊アイソス主催によるISOファシリーション講習会(講師:山上裕司さん)が…

ばっちこ〜い

「ばっちこ〜い」この言葉が国語辞典に載っているのを見たときは感動しました。ばっちこ〜い…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP