読書感想

タオルマニア

tsuranukukeiei.jpg風量発電だけを使用して製造したオーガニックコットン100%のタオル「IKT」。「風で織るタオル」と呼ばれていて、ご存知の方も多いでしょう。

ISO 14001の認証を取得した従業員20名ほどの今治市にある小さな会社が、環境ブランドで頑張っているということで、以前から気になっていました。

そんな折、年末の八重洲ブックセンターで、このタオルを製造販売している池内タオルの池内計司社長の著書『「つらぬく」経営』 (エクスナレッジ発行)が平積みになっているのを発見しました。「四重苦を背負った会社でも・・・」という書籍の帯の言葉に、「あ、うちのことだ」と引き 込まれ、「ご購入された方にはIKTの見本品を進呈」とのキャッチに反応、すぐにその場で買い、帰りの車中で読んでしまいました。(なんせ、長距離通勤者)

著者の、一度舞い上がって(小泉元首相が同社を演説で取り上げる)、再びどん底に落ちて(民事再生を経験)、それから飛躍を遂げる(好調な現在)というサクセスストーリーには、この本のウリであるはずなのに共感できずじまい。むしろ、この人の尋常でないマニアぶりに感動した次第です。

池 内さんは、学生時代はオーディオマニアでした。大学を卒業して松下電器に入り、オーディオ部門に配属。というより、オーディオ部門以外は行かないと言い 張ったそうです。サラリーマンながら、マニアを貫きます。父親の急逝で、松下を辞めて、家業のタオル製造を継ぐことになり、今度はタオルマニアになりま す。この人によると、今治の有名なタオル業者が作ったものは、さわるだけで、どこの会社のタオルか分かるそうです。いいですね、このマニア度。あこがれです。

関連記事

  1. 「ルポ 貧困大国アメリカ」
  2. 古典の品質保証
  3. 茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで
  4. 林深則鳥棲 水廣則魚游
  5. 「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う
  6. 河野武さんの脚注
  7. 人々のリファレンス・ポイントになるものを
  8. フロイト『夢解釈』初版の翻訳が出た!

ピックアップ記事

野に咲くEMS

夜中の2時。ゴミ収集車で現場に向おうとしていた社員Aさんを、社長が呼び止めました。「Aさ…

Vantage Point 祝13周年

「N対Nのコミュニケーション」というのは、「いそいそフォーラム」の1つのキーワードになっています。…

【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章

坂田和則さんのアイソス連載記事『改善活動と人を活気づける 改善ファシリテーションの勧め』が2012年…

元駐マレーシア大使・堀江正彦氏が語った日韓の格差

元駐マレーシア大使・堀江正彦氏(外務省・地球環境問題担当大使)が本日、日本規格協会主催の「標準化と品…

中産連が『VDA 6.3』の公式日本語版を発売

一般社団法人中部産業連盟は、VDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)との契約に基…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP