読書感想

林深則鳥棲 水廣則魚游

書をたしなむ娘に一筆書いてもらった。

林深則鳥棲 水廣則魚游

深い林には鳥が棲み、水が豊かであれば魚が泳ぐという内容。邱永漢と糸井重里との対談本である「お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ」の中に出てくる漢文で、以前から気に入っていて、いつかは大きな文字にして壁に貼っておきたいと思っていた。

休日の夕方、娘が毛筆で何かを書いていたので、ついでにこの漢文を書いてもらった。この書のように、鳥が棲み、魚が泳ぐような、深くて広い場がつくれるといいのだが。

20100710water.jpg

関連記事

  1. 河野武さんの脚注
  2. 茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで
  3. 「ルポ 貧困大国アメリカ」
  4. 「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う
  5. フロイト『夢解釈』初版の翻訳が出た!
  6. 福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」
  7. 敬老する化粧
  8. 人々のリファレンス・ポイントになるものを

ピックアップ記事

アイソス3月号は米国特集

3月号のアイソスは米国特集です。ISO 9001:2015による監査を米国ではどのように考えているか…

海外向けの草稿

某海外雑誌へこれから寄稿する直前の日本語の草稿を紹介します。ある方から、事前にブログに掲載す…

【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査

審査部門トップの発言の記事の比較です。お二人は別機関の別人物です。2011年の春のアイソス記事か…

「7.5.5 製品の保存」

サービス業から評判が悪い要求事項がこの「7.5.5 製品の保存」です。「保存には、識別、取扱い、…

エコリーフとCFPの基準は統一化される

本日、社団法人産業環境管理協会(JEMAI)の須田茂理事から、LCAの見える化の一環である「エコリー…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP