読書感想

林深則鳥棲 水廣則魚游

書をたしなむ娘に一筆書いてもらった。

林深則鳥棲 水廣則魚游

深い林には鳥が棲み、水が豊かであれば魚が泳ぐという内容。邱永漢と糸井重里との対談本である「お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ」の中に出てくる漢文で、以前から気に入っていて、いつかは大きな文字にして壁に貼っておきたいと思っていた。

休日の夕方、娘が毛筆で何かを書いていたので、ついでにこの漢文を書いてもらった。この書のように、鳥が棲み、魚が泳ぐような、深くて広い場がつくれるといいのだが。

20100710water.jpg

関連記事

  1. 河野武さんの脚注
  2. 「ルポ 貧困大国アメリカ」
  3. フロイト『夢解釈』初版の翻訳が出た!
  4. 福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」
  5. 茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで
  6. 敬老する化粧
  7. タオルマニア
  8. 古典の品質保証

ピックアップ記事

娘の成人式

息子の成人式は、スーツとネクタイを買っておけば、あとは自分で勝手にやってくれた。親の参加は皆無だった…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」 来春から連載開始

今年の仔豚さんちの村まつりで、門岡淳さんの「なぜなぜ分析」についてのプレゼンがえらく好評だったのを風…

クエストフォーラム(TL9000)会議が15年ぶりに日本で開催

TL9000(情報通信技術分野のマネジメントシステム規格でISO 9001すべてを内包)に関する規格…

テクノファ新社長に青木恒享氏

研修機関・テクノファの代表取締役が4月1日付で交代、前社長の平林良人氏は取締役会長となり、前常務の青…

机上の空論

10月3日に東京・無風流道場で是正処置ワークショップが開催され、そこで小生が「机上の空論」というタイ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP