読書感想

林深則鳥棲 水廣則魚游

書をたしなむ娘に一筆書いてもらった。

林深則鳥棲 水廣則魚游

深い林には鳥が棲み、水が豊かであれば魚が泳ぐという内容。邱永漢と糸井重里との対談本である「お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ」の中に出てくる漢文で、以前から気に入っていて、いつかは大きな文字にして壁に貼っておきたいと思っていた。

休日の夕方、娘が毛筆で何かを書いていたので、ついでにこの漢文を書いてもらった。この書のように、鳥が棲み、魚が泳ぐような、深くて広い場がつくれるといいのだが。

20100710water.jpg

関連記事

  1. 人々のリファレンス・ポイントになるものを
  2. 福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」
  3. 「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う
  4. タオルマニア
  5. フロイト『夢解釈』初版の翻訳が出た!
  6. 茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで
  7. 「ルポ 貧困大国アメリカ」
  8. 古典の品質保証

ピックアップ記事

アイソス創刊200号記念企画「認証機関ディスカッション」を開催

2014年7月号(6月10日発行)をもってアイソスは創刊200号を迎えるが、創刊200号記念企画とし…

速報 QMS/EMS認証件数(08.06)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、「品質・環境マネジメントシステム認証組織件数」をプレスリリースと…

50001認証普及に動く経産省

8月31日、資源エネルギー庁は、同庁が行う総合評価落札方式の委託事業(調査、広報、研究開発等)の評価…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」

月刊アイソス主催による「なぜなぜ分析セミナー」を10月28日に東京で開催しました。講師は門岡淳さん(…

環境プランナー・ベーシック

本日、環境プランニング学会(山本良一会長)が「環境プランナー・ベーシック」の資格試験を2009年9月…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP