読書感想

林深則鳥棲 水廣則魚游

書をたしなむ娘に一筆書いてもらった。

林深則鳥棲 水廣則魚游

深い林には鳥が棲み、水が豊かであれば魚が泳ぐという内容。邱永漢と糸井重里との対談本である「お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ」の中に出てくる漢文で、以前から気に入っていて、いつかは大きな文字にして壁に貼っておきたいと思っていた。

休日の夕方、娘が毛筆で何かを書いていたので、ついでにこの漢文を書いてもらった。この書のように、鳥が棲み、魚が泳ぐような、深くて広い場がつくれるといいのだが。

20100710water.jpg

関連記事

  1. 福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」
  2. 茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで
  3. 河野武さんの脚注
  4. 「ルポ 貧困大国アメリカ」
  5. 古典の品質保証
  6. フロイト『夢解釈』初版の翻訳が出た!
  7. タオルマニア
  8. 「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う

ピックアップ記事

Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

システム規格社はこのほど、電子書籍の販売を開始しました。第一弾は塩田智哉氏執筆による『中小食品会社向…

おまわりさんの力量

中古のワーゲンを買って2日目。朝起きてみると、左前輪のホイール・キャップがありません。昨日は…

EMS審査員各位

「一番搾り以前問題」というのが、私の頭の中で疑問として残っています。1990年に発売され…

ヨーガ断食合宿6日目 健診が楽しみ

今日は合宿6日目の最終日だ。といっても、午前10時にチェックアウトなので、朝だけの参加になる。…

白あんの鯛焼きですけど?

「おまえなんか、もう、出て行けよ!」「分かりました。ちょっと出てきます」新年早々、妻が車でプ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP