読書感想

敬老する化粧

実盛、六十にあまつて
軍の場に向かはんには、
鬢、鬚を墨に染めて
若やがんと思ふなり。
そのゆゑは、
若殿ばらにあらそひて
先を駆けんも大人げなし。
また、老武者とて
あなどられんも
口惜しかるべし。

(「平家物語 巻第七 第六十四句 実盛」から)

383-sanemori.jpg
(写真出典:ウィキペディア)

関連記事

  1. フロイト『夢解釈』初版の翻訳が出た!
  2. 福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」
  3. 人々のリファレンス・ポイントになるものを
  4. 茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで
  5. 河野武さんの脚注
  6. タオルマニア
  7. 古典の品質保証
  8. 「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う

ピックアップ記事

附属書SL完全対応のISO 39001

ISOマネジメントシステム規格の共通要求事項が記述された附属書SL(Annex SL)は、ISO 9…

経産省・事業競争力強化モデルの事業者公募始まる

アイソスのメルマガを購読している方には、本日の夕方、メルマガの「号外」が流れたことと思う。事業競争力…

中尾元子 82年史 その1

私の母・中尾元子(なかお・もとこ)は、1930年(昭和5年)1月1日に寺本家の6人兄弟の末っ子(兄2…

暴風吹き荒れる家庭から脱出をはかる娘へ

今日も家の中は暴風が吹き荒れています。「来春には出る!」そうでしょうね。早く出て…

飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」

飯塚悦功プロジェクト第12弾の映像を掲載します。タイトルは「ISOとシステム解析工学」です。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP