読書感想

敬老する化粧

実盛、六十にあまつて
軍の場に向かはんには、
鬢、鬚を墨に染めて
若やがんと思ふなり。
そのゆゑは、
若殿ばらにあらそひて
先を駆けんも大人げなし。
また、老武者とて
あなどられんも
口惜しかるべし。

(「平家物語 巻第七 第六十四句 実盛」から)

383-sanemori.jpg
(写真出典:ウィキペディア)

関連記事

  1. 「ルポ 貧困大国アメリカ」
  2. 林深則鳥棲 水廣則魚游
  3. 茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで
  4. 福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」
  5. 「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う
  6. 古典の品質保証
  7. 河野武さんの脚注
  8. 人々のリファレンス・ポイントになるものを

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5の解答

7月10日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答は、1「みな…

プロセスアプローチに関する3つの問題

あるISO推進者の会合で、QMSに関する議論が行われました。その会合では事前に会員からQMS活動に関…

Vantage Point デミング賞

「ちょっと言い過ぎだと思う」2000年11月、日科技連は「第71回品質管理シンポジウム」を箱…

「8.5.1 継続的改善」

QMSの有効性の改善は、製品改善に結びついていないと意味がないのではないか。これは世界のIS…

経産省・事業競争力強化モデルの事業者公募始まる

アイソスのメルマガを購読している方には、本日の夕方、メルマガの「号外」が流れたことと思う。事業競争力…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP