読書感想

敬老する化粧

実盛、六十にあまつて
軍の場に向かはんには、
鬢、鬚を墨に染めて
若やがんと思ふなり。
そのゆゑは、
若殿ばらにあらそひて
先を駆けんも大人げなし。
また、老武者とて
あなどられんも
口惜しかるべし。

(「平家物語 巻第七 第六十四句 実盛」から)

383-sanemori.jpg
(写真出典:ウィキペディア)

関連記事

  1. 茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで
  2. 人々のリファレンス・ポイントになるものを
  3. 「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う
  4. タオルマニア
  5. 林深則鳥棲 水廣則魚游
  6. 古典の品質保証
  7. フロイト『夢解釈』初版の翻訳が出た!
  8. 河野武さんの脚注

ピックアップ記事

エコステージ理事長・古賀剛志氏に会う

「エコステージ」というと、「エコアクション21」「KES」とともに、コンサルティングがセットになった…

超ISO企業研究会編『ISO 9001:2015改訂版への真・品質経営アプローチ 』をAmazonから発売

Amazonから『ISO 9001:2015改訂版への真・品質経営アプローチ 』(システム規格社発行…

お母さんのあとがいいんだって

トイレットペーパーの先が三角に折ってあるし臭くなくて逆にいい香りがしてるし浴槽の湯にゴミ…

「7.5.5 製品の保存」

サービス業から評判が悪い要求事項がこの「7.5.5 製品の保存」です。「保存には、識別、取扱い、…

初陣

鼻すすり父の殴打の仕返しに数の子一羽犬に食わせる(中尾優作)…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP