なぜなぜ分析

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2の解答

5月2日に本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。

前回の解答から。4の「誤記のある出版物を刊行してしまった」が不適合であり分析対象です。要求事項は「出版物に誤記があってはならない」なのですから、不適合=分析対象が「誤記がある出版物を刊行してしまった」なのは当然ですね。
誤変換をした担当者が悪いと思いがちなので、2「担当者が誤変換をした」から分析を始めたくなりますが、3「校正主任が誤変換を見逃した」も悪いのです。そもそも1「大杉先生の悪筆」がなければ誤変換もなかったかもしれません。不適合は4と正しく認識し、なぜなぜ分析のスタートにしましょう。そして、1も2も3も含めて分析しましょう。大杉先生の悪筆の再発防止対策はないかもしれませんが。
(アイソス6月号86ページ掲載)

今回の出題は、私ども出版社にとっては非常になじみのあるテーマです。雑誌を発行する者にとって、一番あってはならない編集上の不適合は、氏名や組織名の誤記です。ですが、恥ずかしながら過去にやらかしたことがあります。すると、我々も反省して、「なぜなぜ分析もどき」をやるわけです。まず、「不適合は何か?」を議論し始めると、 「やっぱり、記事を書く編集者がまず名刺でチェックしなかったからじゃない?」「いや、校正をダブルチェックにしなかったからでは?」とかいった意見から話し合いがスタートして、結局、堂々巡りをしてしまった経験があります。スタートって、大事ですよね。

関連記事

  1. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4
  2. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」 来春から連載開始
  3. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5の解答
  4. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5
  5. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集
  6. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3の解答
  7. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」
  8. 「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ

ピックアップ記事

学校サバイバル9000

先日、私立盛岡中央高等学校の副校長である中田義計さんの講演を聴いた。同校は日本で一番最初にISO 9…

釜井秀夫さんとの30分

ISMSコンサルタントの釜井秀夫さんと30分ほど差しでお話をする機会を得ました。「QMSと比較し…

アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売

アイソス編集部が取材した統合マネジメントシステムを運用する組織の中から、エクセレントな取り組みを展開…

決算諸表についてのJABからの回答

日本適合性認定協会(JAB)がWeb上で公開している「平成20年度決算諸表(PDF)」について、アイ…

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。ISO 9001は要求事項の内…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP