なぜなぜ分析

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2の解答

5月2日に本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。

前回の解答から。4の「誤記のある出版物を刊行してしまった」が不適合であり分析対象です。要求事項は「出版物に誤記があってはならない」なのですから、不適合=分析対象が「誤記がある出版物を刊行してしまった」なのは当然ですね。
誤変換をした担当者が悪いと思いがちなので、2「担当者が誤変換をした」から分析を始めたくなりますが、3「校正主任が誤変換を見逃した」も悪いのです。そもそも1「大杉先生の悪筆」がなければ誤変換もなかったかもしれません。不適合は4と正しく認識し、なぜなぜ分析のスタートにしましょう。そして、1も2も3も含めて分析しましょう。大杉先生の悪筆の再発防止対策はないかもしれませんが。
(アイソス6月号86ページ掲載)

今回の出題は、私ども出版社にとっては非常になじみのあるテーマです。雑誌を発行する者にとって、一番あってはならない編集上の不適合は、氏名や組織名の誤記です。ですが、恥ずかしながら過去にやらかしたことがあります。すると、我々も反省して、「なぜなぜ分析もどき」をやるわけです。まず、「不適合は何か?」を議論し始めると、 「やっぱり、記事を書く編集者がまず名刺でチェックしなかったからじゃない?」「いや、校正をダブルチェックにしなかったからでは?」とかいった意見から話し合いがスタートして、結局、堂々巡りをしてしまった経験があります。スタートって、大事ですよね。

関連記事

  1. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4
  2. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」
  3. 「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ
  4. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5の解答
  5. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1の解答
  6. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集
  7. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3の解答
  8. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答

ピックアップ記事

「サッカー批評」の一貫性

他誌からいろいろ勉強させてもらっています。季刊誌「サッカー批評」の編集は、No.33以降がリスペ…

シックス・シグマ手法の国際規格発行

ISOは9月14日付のニュースで、シックス・シグマの国際規格として下記2本が発行されたことを発表した…

国交省の高速ツアーバス事故を踏まえた対応

国土交通省自動車局長の武藤浩氏(写真)が、11月28日開催された同省主催の「運輸事業の安全に関するシ…

Vantage Point インセンティブ

小売:委託工場に対しては、何かインセンティブがないとなかなか食品安全に取り組んでもらえない。…

水流聡子教授に聞く事業競争力WG

日本工業標準調査会(JISC)標準部会・適合性評価部会管理システム規格専門委員会の下に設置され、昨年…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP