なぜなぜ分析

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1

アイソス4月号から「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう」を連載しています。この連載は、門岡淳さん(いそいそフォーラムメンバー)が運営するサイトの「マネジメント道場」の掲示板とのコラボ企画だったのですが、このたびの東日本大震災で門岡さんが被災され、同掲示板に書き込める環境でなくなったことから、本ブログで一時的にその代行をさせていただくことになりました。

この連載では毎号、門岡さんから問題が提供され、翌月号にその解答が掲載されるという仕組みになっています。その中の問題と回答だけを、本ブログで紹介していきます。

今回は、4月号の連載記事「第1回 なぜなぜ分析は事実を明らかにして」に掲載された問題を紹介します。回答はアイソス5月号に掲載されていますが、アイソス読者でない方もこのブログをお読みだと思いますので、明日、その回答を掲載します。

ご質問、ご意見がありましたら、コメントでお寄せいただければ幸いです。門岡さんから直に返答がもらえると思います。では、問題です。

【問題】
なぜなぜ分析を正しく有効に行うためには、事実関係を明確にする必要があります。そのために必要な次の3つの事項を、重要な順に並べなさい。

1    関係者の記憶が薄れて、事実関係が不明確にならないうちに、なるべく早く関係者の説明をうけて事実関係を記述する。

2    ミスをしてしまった人が、責められると感じることなく、事実をありのままに話せるように、ミスした人を責めないことを約束し、そのことを行動で示す。

3    事実関係は、誰にも理解できるように5W1Hを念頭において、明確に具体的に記述する。

関連記事

  1. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5
  2. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4
  3. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3の解答
  4. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2
  5. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」
  6. 「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ
  7. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答
  8. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集

ピックアップ記事

第7回是正処置WS

2月28日、午前10時から午後6時まで、第7回是正処置ワークショップ(WS)が東京の審査道無風流道場…

夏の食の記憶

上妻義直さんが報告した”The Day After”

日本でカーボンフットプリント(CFP)マークを貼付した製品の市場流通が始まったのが昨年10月、貼付製…

Vantage Point 法遵守

「ISO 14001は法律の完全遵守を求めていますか?」2009年 1月30日、東京で開催さ…

母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?

ある建設会社の労働安全衛生マネジメントシステムの取り組みを取材したときのことです。そこでは、この5年…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP