なぜなぜ分析

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1

アイソス4月号から「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう」を連載しています。この連載は、門岡淳さん(いそいそフォーラムメンバー)が運営するサイトの「マネジメント道場」の掲示板とのコラボ企画だったのですが、このたびの東日本大震災で門岡さんが被災され、同掲示板に書き込める環境でなくなったことから、本ブログで一時的にその代行をさせていただくことになりました。

この連載では毎号、門岡さんから問題が提供され、翌月号にその解答が掲載されるという仕組みになっています。その中の問題と回答だけを、本ブログで紹介していきます。

今回は、4月号の連載記事「第1回 なぜなぜ分析は事実を明らかにして」に掲載された問題を紹介します。回答はアイソス5月号に掲載されていますが、アイソス読者でない方もこのブログをお読みだと思いますので、明日、その回答を掲載します。

ご質問、ご意見がありましたら、コメントでお寄せいただければ幸いです。門岡さんから直に返答がもらえると思います。では、問題です。

【問題】
なぜなぜ分析を正しく有効に行うためには、事実関係を明確にする必要があります。そのために必要な次の3つの事項を、重要な順に並べなさい。

1    関係者の記憶が薄れて、事実関係が不明確にならないうちに、なるべく早く関係者の説明をうけて事実関係を記述する。

2    ミスをしてしまった人が、責められると感じることなく、事実をありのままに話せるように、ミスした人を責めないことを約束し、そのことを行動で示す。

3    事実関係は、誰にも理解できるように5W1Hを念頭において、明確に具体的に記述する。

関連記事

  1. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答
  2. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5の解答
  3. 「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ
  4. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4
  5. 追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやって…
  6. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集
  7. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」
  8. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」 来春から連載開始

ピックアップ記事

Vantage Point 野にいる人

「要求事項に適合する製品・サービスを提供し、組織の持続的発展を目指します。その意味では、品質マネジメ…

CEAR審査員向け講演会速報

EMS審査員向けの「最新環境情報講演会」(産業環境管理協会CEAR主催)が1月30日、東京の新宿文化…

ISOファシリテーションの現場を取材

ある会社での「QMSを活用するための戦略目標会議」を取材する機会を得ました。階層で言えば、会社の役員…

推薦図書『ゴーイングコンサーン』

プロセス管理とリスク管理との折り合いをどうつけるか、これについて悩んでいる方は多いようだ。特に、IS…

湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長で…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP