なぜなぜ分析

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2

今回は、アイソス5月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう 第2回 なぜなぜ分析の進め方」に掲載された問題を紹介します(この記事を掲載することになった経緯は本稿末をお読みください)。回答はアイソス6月号に掲載されていますが、6月号発売日(5月10日)よりも少し早い5月6日に、その回答を掲載しますのでお楽しみに。

ご質問、ご意見がありましたら、コメントでお寄せいただければ幸いです。この連載記事の執筆者である門岡淳さんから直に返答がもらえると思います。では、問題です。

【問題】
中松出版社は、大杉先生の回顧録を出版することになりました。同社担当者は、いまどき手書きで、ミミズがのたうち回っている大杉先生の原稿をワープロ入力中にあまりの悪筆に耐えきれず?「以外と速くインターネット時代が当来した」と誤変換してしまいました。大杉先生は、自分の字が読めなかったのか、校正はすべて編集部に任されてしまいました。担当者も校正主任も誤変換に気づかず、先生の自伝は、誤記のまま出版されてしまいました。このとき、なぜなぜ分析の対象とすべき事項は次のうちどれでしょう。

1  大杉先生の原稿が悪筆すぎた。
2  担当者が誤変換をした。
3  校正主任が誤変換を見逃した。
4  誤記のある出版物を刊行してしまった。

(掲載経緯説明)
アイソス4月号から「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう」を連載しています。この連載は、門岡淳さん(いそいそフォーラムメンバー)が運営するサイトの「マネジメント道場」の掲示板とのコラボ企画だったのですが、このたびの東日本大震災で門岡さんが被災され、同掲示板に書き込める環境でなくなったことから、本ブログで一時的にその代行をさせていただくことになりました。

この連載では毎号、門岡さんから問題が提供され、翌月号にその解答が掲載されるという仕組みになっています。その中の問題と回答だけを、本ブログで紹介していきます。

関連記事

  1. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3
  2. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5の解答
  3. 「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ
  4. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4
  5. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1の解答
  6. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2の解答
  7. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集
  8. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」 来春から連載開始

ピックアップ記事

門岡淳さんを悼む

門岡 淳(かどおか・あつし)さんが9月7日にお亡くなりになりました。享年58歳でした。通夜は9月10…

RCJがJAB認定辞退

一般財団法人日本電子部品信頼性センター システム認証部(略称:RCJ)はこのほど、日本適合性認定協会…

VDAシリーズ日本語版を拡充

中部産業連盟がVDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)との契約に基づき、『VDA…

元駐マレーシア大使・堀江正彦氏が語った日韓の格差

元駐マレーシア大使・堀江正彦氏(外務省・地球環境問題担当大使)が本日、日本規格協会主催の「標準化と品…

Vantage Point 先輩の言葉

「君が審査員になることを期待している人は誰もいない。誰一人期待もしなければ、審査員になってほしいと思…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP