なぜなぜ分析

「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ

月刊アイソス2011年4〜9月号に連載された『門岡淳の「不適合を生かす!」 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう』の著者である門岡淳さんが講師をつとめる「なぜなぜ分析セミナー」を10月28日(金)午後1:30から5:00まで東京都港区の味覚糖UHA館 東京で開催します。

門岡淳さんの本セミナーに寄せたメッセージを以下にご紹介します。なお、門岡さんの提唱しておられる「なぜなぜ分析」の考え方や手法については「マネジメント道場」をご覧ください。

なぜなぜ分析は、論理的に不適合の原因を特定し、必要かつ十分な是正処置を立案する手法です。

もし、あなたの組織が・・・
・是正処置を実施していても不適合が再発している・・・
・必要な是正処置を見落としていないか不安がある・・・
・是正処置が本当に役に立っているのか疑問がある・・・
・是正処置が過不足なく適切であると説明しにくい・・・
・・・ならば、本セミナーで一緒に学び、なぜなぜ分析を身につけましょう。

そして、品質の向上に、顧客満足の向上に、マネジメントシステムの継続的改善に、組織の持続的成功にむかって一歩一歩進んでいきましょう。

関連記事

  1. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集
  2. アイソスが福丸典芳氏と共催で「QMS内部監査員初級コース」 開催…
  3. 奥村朋子講師による「二者監査セミナー」
  4. アイソス主催・内部監査員初級コースを開催
  5. YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」
  6. アイソス創刊200号記念企画「認証機関ディスカッション」を開催
  7. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1の解答
  8. 「クリーン監査」を学ぶ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 本当に迷える仔豚
    • 2011年 8月 09日

    行きたいなぁ・・・
    でも、前週は別の研修で3日間出張しているし。
    連続出張は厳しいだろうしなぁ。
    翌日からの週末には合宿研修の主宰をしないといけないし。
    http://www.amsic.co.jp/ascgi-bin/bbs.cgi?next_val=1&bbs_no_val=1&bbstype_no_val=1
    (何気に宣伝モードです)
    翌週は初フルマラソンだし。
    その週末は、新多国籍軍監査で休暇を取るし・・・・・
    もう休めないしなぁ・・・
    でも、行きたいなぁ
    そのころなら、B787の国内線就航しているだろうしなぁ・・・・

    • 門岡 淳
    • 2011年 8月 13日

    本当に迷える仔豚さん,こんにちは。門岡 淳です\(^-^)/コメントありがとうございます。
    >行きたいなぁ・・・
    →ありがとうございます。でも,迷える仔豚さんは受講対象者には入れていませんでした\(^-^)/私。再発防止対策,是正処置とウルサイけれど,何をどうやったらいいのかチャントやってみせてミロ!という人に,逆にやってみせてやるためのお手伝いコースです,タブン。
    セミナーの翌日は,尾道合宿ですのでシステム企画社さんに旅費を半分?出してもらって参加させていただきます。と,新多国籍軍(ハハ,なんという名称でしょう)もミッションがあるのですね。これって,もう二者監査かもしれませんね\(^-^)/。
    \(^-^)/\(^-^)/\(^-^)/\(^-^)/\(^-^)/\(^-^)/\(^-^)/
    新多国籍軍を迎え撃つみなさんもスキルが上がったかな\(^-^)/門岡 淳
    http://management.la.coocan.jp/

ピックアップ記事

日本の標準化政策はすごいぞ

夕食後、浴室からシャンプーとリンスを持ち出し、テーブルの上に置いて、「さあ、目をつむったまま触るだけ…

なんでもない天気の日に事故が起きています

あるタクシー会社を取材しました。担当者とお話をしていて、頭の中で思っていることと現実とのギャップを感…

高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大

国土交通省自動車局は4月2日、昨年4月29日に発生した関越道高速ツアーバス事故を受け、「バス事業のあ…

Food Safety Day Japan 2013(6) グローバル・フード・セーフティ・ネットワークの日本事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

ISO 50001と省エネ法のダブルスタンダードを避ける

つくば市にある産業技術総合研究所に行ってきました。ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP