ISOS Review

【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章

坂田和則さんのアイソス連載記事『改善活動と人を活気づける 改善ファシリテーションの勧め』が2012年新年号(2011年12月10日発行)で最終回を迎えます。寂しい〜っ! 今回のテーマは「改善ファシリテーションの基本は5S」です。文章を読んでいて、いつもながら感心するのは、コトバ使いの巧みさです。

清掃とは、職場の中のにくいを探し出す活動です。清掃をしながら「ここ、掃除しにくいな〜」とか「この棚の中、ものが多くて掃除しにくいな……」など、にくいを感じることにより、ムダへの鋭敏性を高めることが可能です。鋭敏性が高まると、にくい原因さえも発見するスキルが身につきます。(76頁)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原
  2. ISOファシリテーション
  3. 【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題
  4. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  5. 馬鹿sを踏みに
  6. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  7. ISOファシリテーション合宿2日目
  8. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 受けた仔豚
    • 2011年 11月 30日

    坂田さんの5Sセミナー受けたというか、社内で開催企画したことがあります。
    諸般の事情で継続できなくなったのが残念なのですが、「にくい」はネタとしていただいて、こんな本を「くすぐり」に使わせてもらっています。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4094020462

    • 中尾優作
    • 2011年 12月 06日

    仔豚さんへ
    <こんな本を「くすぐり」に使わせてもらっています。
    タイトルからして、おもしろそう。

ピックアップ記事

「モネとジヴェルニーの画家たち」は立ち去り難し

「モネとジヴェルニーの画家たち」という印象派絵画展が渋谷のBunkamuraで開催されていたので夕方…

「8.4 データ分析」

「8.4 データ分析」では、参照先についての見直しが行われました。そのほかは変更ありません。…

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。…

ISOファシリテーション合宿2日目

ISOファシリテーション合宿(月刊アイソス主催、講師:山上裕司氏(写真右)、アシスタント:小熊孝氏)…

経産省・事業競争力強化モデルの事業者公募始まる

アイソスのメルマガを購読している方には、本日の夕方、メルマガの「号外」が流れたことと思う。事業競争力…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP