ファシリテーション

シャーロン・スモールさんのクリーン・ランゲージ・セミナー

sharon.jpg2月7日-8日、横浜で開催されたイノベイション(山上裕司社長)主催のクリーン・ランゲージ・セミナーに参加しました。外人女性が講師で、ずっと英語で講義と演習指導を行い、ときどき山上さんがポイント解説を日本語で行うという流れです。しばらくして気づいたのですが、この女性、2年前にクリーン・ランゲージのプロバイダーを紹介しているウェブサイト「CleanLearning」を訪れた時、掲載されていたプロバイダーの1人、シャーロン・スモール(Sharon Small:写真)さんです。なんでウェブでチラ見しただけの女性の顔を覚えているのかというと、私はユングの大ファンなのですが、彼女はユング心理学で学位を取っていたのです。「どんな人だろう。一度会ってみたいなあ」と思っていたのですが、なんとそれが実現しました。

初日、セミナーが終わった後、懇親会があり、私は運良くシャーロンさんとほぼ差し向かいの席に座ることができました。そこで、講義の中で彼女が言っていた”Clean Language is not psychology.”という言葉を思い出し、「でも、あなたはユングを勉強したんですよね」と聞いてみました。彼女は「そう来たか」とばかり、私に対して10分間ほど熱弁をふるってくれました。

2日目、オープニングで、シャーロンさんは「何か質問とか要望とかあれば」と言って、参加者1人1人に聞いてきたので、私は「講演内容のキーワードをホワイトボードに書いていただくとか、図表を描いていただけると助かります」と言いました。すると、彼女はセッションが始まるとすぐに実行してくれたのです。しゃべりながら、ホワイトボードにキーワードを書き、時々イラストも描いてくれました。その手間のかかる作業を最後まで続けてくれました。

20150208_seminar.jpg2日目は午前中が講義、午後はすべて演習(写真)でした。演習の最後は、参加者が1人ずつ、自分の演習成果を発表するのですが、私は知っている英単語を並べただけで、自分でも何を言っているのか分からないような赤面プレゼンになってしまいました。いつもの私なら、セミナー終了後、しょぼくれながら帰宅するというシナリオになるところです。ですが当日の私は違いました。最後にシャーロンさんとお互い笑顔で握手しながら別れ、その時に彼女が私に何か言ってくれたのですがよく聞き取れず、それでも意気揚々、ウキウキしながら帰宅の途に着きました。

関連記事

  1. ISOファシリテーション合宿2日目
  2. ISOファシリテーション
  3. ISOファシリテーション合宿初日
  4. 馬鹿sを踏みに
  5. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  6. 監査後に見る「監査マップ」
  7. 坂田和則 渾身セミナー
  8. ISOファシリテーションの現場を取材

ピックアップ記事

なぜトヨタは成熟審査なのか

トヨタ自動車は、2007年に高岡工場でISO 14001の成熟審査を受け、続いて下山工場でもトラ…

リコーの先読みQMS

ISO認証制度、特にQMS審査の場合、「顧客の顧客」という言い方をする場合がある。認証を社会的に評価…

受講生のバラツキをどうするか

内部監査員研修コースの受講生の中には、規格をろくに読んでいない人もいれば、内部監査をすでに経験して規…

JQA契約審査員の世界

審査機関と契約している審査員には、プロパー審査員(通常の企業で言うところの正社員)と契約審査員がいま…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP