品質経営実践ツール

箇条4を超ISOツールで

maruyamasan月刊アイソス8月号(7月10日発行)の特集は「超ISO企業研究会が提案するISO 9001:2015対応」である。超ISO企業研究会(飯塚悦功会長)の記事はアイソスでこれまでも何度か掲載しているが、今回は、「ISO 9001:2015の箇条4(組織の状況)にマジメに対応しよう! 超ISOツールは、その時に役に立つよ!」というのがメインメッセージである。

「箇条4なら、普通の組織なら、すでに何らかの方法で対応している」というのが、大方の認証機関の言い分だし、自社のMSに自負のある組織もそのように考えていることだろう。しかし、一方で「もし対応できていない部分があるなら、今回の改訂は見直しのチャンスである」という意見もよく聞く。であれば、どのように見直していくのか。その方法の1つとして、今回超ISOツールが提案されている。

特に、東京の下町でゴムパッキン加工を営む小さな町工場が超ISOツールを適用した事例を、超ISO企業研究会委員の一人である丸山昇氏(写真)が詳細に紹介している記事がおもしろい。

関連記事

  1. アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!
  2. アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」
  3. 超ISO企業研究会との共同研究終了
  4. アイソス200号記念座談会開催

ピックアップ記事

審査員の基本三法

「ISO審査員が、組織人からプロフェッショナルになるためには、3つのルールを知っていなければならない…

ケン・ハミルトン氏と会う

山之内登さんのご紹介で、ケン・ハミルトン氏にお会いしました。ハミルトン氏は、ヒューレット・パッカード…

麗澤大学/中山理学長に聞く  なぜ大学がISO 26000なのか

麗澤大学(千葉県柏市、中山理学長)は、大学組織において教育・研究・社会貢献の3領域で社会的責任を果た…

LRQA主催の二者監査セミナー(2日目)

(前日の続き)LRQAジャパン主催による二者監査セミナー「サプライチェーンマネジメント 〜二者監査の…

ジェンク・グロルさんは関西人?

GFSI副理事のジェンク・グロルさん(イオン株式会社グループ物流責任者、イオングローバルSCM株式会…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP