品質経営実践ツール

箇条4を超ISOツールで

maruyamasan月刊アイソス8月号(7月10日発行)の特集は「超ISO企業研究会が提案するISO 9001:2015対応」である。超ISO企業研究会(飯塚悦功会長)の記事はアイソスでこれまでも何度か掲載しているが、今回は、「ISO 9001:2015の箇条4(組織の状況)にマジメに対応しよう! 超ISOツールは、その時に役に立つよ!」というのがメインメッセージである。

「箇条4なら、普通の組織なら、すでに何らかの方法で対応している」というのが、大方の認証機関の言い分だし、自社のMSに自負のある組織もそのように考えていることだろう。しかし、一方で「もし対応できていない部分があるなら、今回の改訂は見直しのチャンスである」という意見もよく聞く。であれば、どのように見直していくのか。その方法の1つとして、今回超ISOツールが提案されている。

特に、東京の下町でゴムパッキン加工を営む小さな町工場が超ISOツールを適用した事例を、超ISO企業研究会委員の一人である丸山昇氏(写真)が詳細に紹介している記事がおもしろい。

関連記事

  1. アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」
  2. アイソス200号記念座談会開催
  3. 超ISO企業研究会との共同研究終了
  4. アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!

ピックアップ記事

受講生のバラツキをどうするか

内部監査員研修コースの受講生の中には、規格をろくに読んでいない人もいれば、内部監査をすでに経験して規…

ヒヤリ・ハットには2種類あって

昨日はタクシー会社のヒヤリ・ハットの話でしたが、今日はある損保会社の社用車管理でのヒヤリ・ハットの話…

為定明雄氏の特別講演 速報

10月23日に開催された「日科技連 ISO推進者会議 50回記念大会」の特別講演「消費の変化と顧客づ…

Vantage Point 野にいる人

「要求事項に適合する製品・サービスを提供し、組織の持続的発展を目指します。その意味では、品質マネジメ…

環境プランナー・ベーシック

本日、環境プランニング学会(山本良一会長)が「環境プランナー・ベーシック」の資格試験を2009年9月…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP