品質経営実践ツール

箇条4を超ISOツールで

maruyamasan月刊アイソス8月号(7月10日発行)の特集は「超ISO企業研究会が提案するISO 9001:2015対応」である。超ISO企業研究会(飯塚悦功会長)の記事はアイソスでこれまでも何度か掲載しているが、今回は、「ISO 9001:2015の箇条4(組織の状況)にマジメに対応しよう! 超ISOツールは、その時に役に立つよ!」というのがメインメッセージである。

「箇条4なら、普通の組織なら、すでに何らかの方法で対応している」というのが、大方の認証機関の言い分だし、自社のMSに自負のある組織もそのように考えていることだろう。しかし、一方で「もし対応できていない部分があるなら、今回の改訂は見直しのチャンスである」という意見もよく聞く。であれば、どのように見直していくのか。その方法の1つとして、今回超ISOツールが提案されている。

特に、東京の下町でゴムパッキン加工を営む小さな町工場が超ISOツールを適用した事例を、超ISO企業研究会委員の一人である丸山昇氏(写真)が詳細に紹介している記事がおもしろい。

関連記事

  1. アイソス200号記念座談会開催
  2. アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!
  3. 超ISO企業研究会との共同研究終了
  4. アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」

ピックアップ記事

Vantage Point 有能な事務局

「有能なISO事務局のただひとつの欠陥は、自己否定できていないことだ」辻井浩一さんの寄稿「I…

飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」

誰もいない森で木が倒れた。バサッと音がした。それを「音がした」と言うか?エイズ・コーディ…

【震災寄稿 No.4】 震災に関して思いをあらたにしたこと

地震対策を勉強してこられた方からの投稿です。某自動車部品メーカーから学んだことが報告されています…

飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」

飯塚悦功プロジェクト第5弾の映像を掲載します。タイトルは「予測を導くABC構造」です。…

「クリーン監査」を学ぶ

アイソス主催・山上裕司(イノベイション代表取締役)講師によるISOファシリテーションセミナーを5月1…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP