品質経営実践ツール

アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!

11月17日に開催された超ISO企業研究会(飯塚悦功会長、事務局:テクノファ)の会合に参加し、同会が開発・運営している「品質経営実践ツール」をシステム規格社に導入するためのご支援をお願いし、正式に認められました。同会ではすでに4社に対して同ツールの導入支援を行っており、当社はおそらく5社目だと思います。このツール全体は4つのモジュール(①現行の組織能力像の可視化分析、②現行の組織能力像の強化分析、③環境変化における将来の組織能力像の構想分析、④QMSの実装計画立案)で構成されており、現在20の個別ツールが開発されています。

当社への指導担当は、超ISO企業研究会のメンバーである棟近雅彦・早稲田大学教授と福丸典芳・福丸マネジメントテクノ代表取締役のお二人です。第1回目の超ISO企業研究会と当社との会合は12月6日、早稲田大学で行われ、当社からは中尾優作(システム規格社社長)と恩田昌彦(月刊アイソス編集長)が参加しました。当日は、指導担当に当社の会社概要と現状の経営状況などを報告しました。

当日の会合で印象に残っているのは、競合を分析し競争優位要因を特定する話になった時に、「月刊アイソスの競合誌はすべて休刊になっている」と私が報告し、参加したみんなが顔を見合わせて笑ったことです。うちだけで話し合ったら、「競合はいないよねえ」で終わってしまうのですが、棟近さんが「私が日本規格協会主催の規格報告会で話すことも競合になるよね」と言い出し、福丸さんがそれを受けて、「今は東京でしか報告会をやっていないので、地方の方はなかなか参加できない。地方の方はアイソスの情報がありがたいのでは」と言う。福丸さんが「ネットで情報発信している人もアイソスの競合だよね」と言うと、棟近さんが「だけど権威がないのでは。ネットと比べて、活字の信頼性というのは、やはりあるだろう」と言う。そんなこんなで、いろいろご意見やアイデアを出していただけました。ありがたいです。

次回会合は来年2月初旬。それまでに当社がやっておかなければならない宿題は、品質経営実践ツールの最初のモジュールである「現行の組織能力像の可視化分析」です。一度当社で、簡単な顧客分析と将来の方向性を発表したことがあるのですが(月刊アイソス2013年8月号掲載記事参照、PDFはこちら)、まだまだこんなものではダメなので、年末年始は忙しいです。

関連記事

  1. 超ISO企業研究会との共同研究終了
  2. アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」
  3. アイソス200号記念座談会開催
  4. 箇条4を超ISOツールで

ピックアップ記事

【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統一管理し認証も一本化

TDKグループの安全・環境活動は現在、世界を5つのエリア(日本、中国、アメリカ、アジア、欧州)に分け…

「SSM」と言えばダイキン

「なぜなぜ5回」と言えばトヨタ、「SSM」と言えばダイキン。個人的にはそう思っている。そのダイキン工…

飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」

本年最初のブログです。今年もどうぞよろしくお願いします。飯塚悦功プロジェクト第14回の映…

CFPラベル 日本で始まった時、欧州では終わっていた

カーボンフットプリント(CFP)ラベルを貼付した製品の市場流通が始まった2009年10月頃、産業環境…

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP