品質経営実践ツール

アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」

現在アイソスでは、超ISO企業研究会が開発した「品質経営実践ツール」に取り組んでいます。1月10日に私と恩田昌彦編集長とで同ツールの第一段階である「モジュール1」について打ち合わせを行いました。打ち合わせ前に、事前に各自で「モジュール1」に取り組んでいたので、その日には両者の成果を突き合わせながら、良い案のほうを選択したり、両者の案を統合したりしました。

品質経営実践ツールは、事業の持続的成功を実現するための顧客価値提供マネジメントシステム設計の方法論を示したものです。その中の「モジュール1」は、現行の組織能力像の可視化分析のためのツールです。具体的には、最初に顧客価値を分析し、続いて競合領域を明確にし(アイソスの場合、直接の競合誌はすべて休刊となっていますので、他組織や個人運営によるISOセミナーやWebでの情報発信等を競合としました)、競争優位になりうる自社の能力を特定し、最後に現行の事業メカニズム/事業シナリオを可視化します。

本日時点での、当社における「現行の事業メカニズム」を紹介します(下図)。PDFはこちら。2月に入ってから、超ISO企業研究会の棟近雅彦氏と福丸典芳氏からアドバイスをいただくことになっていますので、そこでまた今回のモジュール1の内容は改善されると思います。

tool_1_7.jpg

関連記事

  1. アイソス200号記念座談会開催
  2. 箇条4を超ISOツールで
  3. アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!
  4. 超ISO企業研究会との共同研究終了

ピックアップ記事

【環境編】JAB適合認証数はこの1年で減少

昨日の【品質編】に続き、本日は【環境編】。この1年間の認証組織数を見ると、ISO 14001はISO…

エコリーフとCFPの基準は統一化される

本日、社団法人産業環境管理協会(JEMAI)の須田茂理事から、LCAの見える化の一環である「エコリー…

野球少年の逆境

ばっちこ〜い

「ばっちこ〜い」この言葉が国語辞典に載っているのを見たときは感動しました。ばっちこ〜い…

ISOの修羅場

「社長、私らは会社の仕事を優先してやったらいいんですか、それともISOの仕事を優先してやったらい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP