品質経営実践ツール

超ISO企業研究会との共同研究終了

isostoolシステム規格社(月刊アイソスの出版社)の1年10ヵ月にわたる超ISO企業研究会との共同研究がこのほど終了しました。同研究会が開発・適用サポートを行っている「品質経営実践ツール」を使って、事業シナリオを構築し、そのシナリオに則って既存事業の改善と新規事業の開発・実施を遂行しました。ツール導入に当たっては、棟近雅彦氏(早稲田大学教授)福丸典芳氏(福丸マネジメントテクノ代表取締役)佐野雅隆氏(東京理科大学助教)の3氏からご支援いただきました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

「品質経営実践ツール」は4つのモジュールで構成されており、システム規格社がモジュール4までやり終えたので、共同研究終了となりました。もちろん、このツールを使った事業改善、新規事業展開はまさにこれからが本番です。2013年12月から2015年9月までの、システム規格社による同ツールの取り組み経緯を下記に掲載しておきます。詳細はアイソス2016年1月号に掲載する予定です。

関連記事

  1. アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」
  2. アイソス200号記念座談会開催
  3. 箇条4を超ISOツールで
  4. アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!

ピックアップ記事

アイソス主催・内部監査員初級コースを開催

月刊アイソス主催セミナー「ISO 9001内部監査員初級コース(内部監査技術者初級認定)」が7月8日…

藻谷浩介氏らを招きテクノファが年次フォーラム

ISO研修機関・テクノファ(平林良人社長、本社・川崎市)主催による「第18回年次フォーラム」が12月…

ISOが世界の認証件数(2008年末時点)を発表

ISOは12月7日付で2008年末時点での世界におけるISOマネジメントシステム認証件数を集計した「…

JIS Q 9005発行は12月下旬

JIS Q 9005:2014(質マネジメントシステム―持続可能な成長の指針)が12月20日発行を目…

ミラー監査

社長:「うちの内部監査なんですが、もういい加減にして欲しいですね」審査員:「どうされたのです…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP