品質経営実践ツール

超ISO企業研究会との共同研究終了

isostoolシステム規格社(月刊アイソスの出版社)の1年10ヵ月にわたる超ISO企業研究会との共同研究がこのほど終了しました。同研究会が開発・適用サポートを行っている「品質経営実践ツール」を使って、事業シナリオを構築し、そのシナリオに則って既存事業の改善と新規事業の開発・実施を遂行しました。ツール導入に当たっては、棟近雅彦氏(早稲田大学教授)福丸典芳氏(福丸マネジメントテクノ代表取締役)佐野雅隆氏(東京理科大学助教)の3氏からご支援いただきました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

「品質経営実践ツール」は4つのモジュールで構成されており、システム規格社がモジュール4までやり終えたので、共同研究終了となりました。もちろん、このツールを使った事業改善、新規事業展開はまさにこれからが本番です。2013年12月から2015年9月までの、システム規格社による同ツールの取り組み経緯を下記に掲載しておきます。詳細はアイソス2016年1月号に掲載する予定です。

関連記事

  1. アイソス200号記念座談会開催
  2. アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!
  3. アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」
  4. 箇条4を超ISOツールで

ピックアップ記事

KJ法の川喜田喜美子さんと話す

最近、KJ法に凝っています。一度、本家に話を聞いてみようと思い、KJ法本部・川喜田研究所に電…

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.09)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、2010年9月末時点での国内マネジメントシステム認証組織件数の集…

ISO 50001発行記念会議の概要

ISOは、ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の発行に関する報告会議を、6月17日に…

MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始

ISOマネジメントシステム(MS)認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成されるMS認証懇談会は、…

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP