SSM

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

ssm_sympo毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先着5名様を無料ご招待します! (お申し込みが5名様に達しましたので、受付を終了しました)

8回目を迎える今回は「不具合知識の価値を高めるSSM実践各社の多彩な取組み」をテーマに、2016年9月9日(金) 13:30から17:00まで東京証券会館(東京都中央区)で開催され、本田技術研究所、京都製作所、理研計器の3社によるSSM導入成果などが報告されます。

SSM(Stress-Strength Model:ストレス-ストレングスモデル)とは、トラブルの経験・ノウハウを広くトラブル未然防止に活用できるように、知識を構造的に表現するモデルであり、構造化知識研究所(田村泰彦社長)が開発・導入支援を実施しています。今回のシンポでは最新の実践事例が発表されますので、SSMに関心を持っておられる企業、あるいはSSM導入を検討しておられる企業に役立つヒントがきっと得られると思います。

今回のシンポジウムの詳細は日本科学技術連盟のウェブサイトをご覧ください。

関連記事

  1. ダイキン工業のSSM
  2. ジャストシステムの間違い
  3. 第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表
  4. SSMシンポに190名参加
  5. 次世代エアコンの開発を支えたSSM
  6. 第3回知識構造化シンポ開催
  7. Vantage Point 固有技術の問題
  8. 日産自動車のSSM

ピックアップ記事

はてな的「作業環境」

9月25日に家元さんから、「6.4 作業環境」に関するコメントをいただいてから、何かおもしろ…

群馬ISO機構が第10回記念管理責任者フォーラム開催

群馬ISO機構(事務局:CRI中央総研)主催の「ISO管理管理責任者フォーラム」が9月26日13:3…

私が経験した悪い二者監査と良い二者監査

二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)第3弾(最終回)「私が経験した悪い二者監査と良い二者監査…

【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ” その1

─ せっかくの機会なので、二者監査のコツについて教えてください。サプライヤーや顧客からの提供データだ…

高校生の娘 桃の缶チューハイ持って現る

ジャーン!お酒初タイケーン!友達にもらったんだ。大丈夫。アタシ、占いでお酒強いって出…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP