SSM

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

ssm_sympo毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先着5名様を無料ご招待します! (お申し込みが5名様に達しましたので、受付を終了しました)

8回目を迎える今回は「不具合知識の価値を高めるSSM実践各社の多彩な取組み」をテーマに、2016年9月9日(金) 13:30から17:00まで東京証券会館(東京都中央区)で開催され、本田技術研究所、京都製作所、理研計器の3社によるSSM導入成果などが報告されます。

SSM(Stress-Strength Model:ストレス-ストレングスモデル)とは、トラブルの経験・ノウハウを広くトラブル未然防止に活用できるように、知識を構造的に表現するモデルであり、構造化知識研究所(田村泰彦社長)が開発・導入支援を実施しています。今回のシンポでは最新の実践事例が発表されますので、SSMに関心を持っておられる企業、あるいはSSM導入を検討しておられる企業に役立つヒントがきっと得られると思います。

今回のシンポジウムの詳細は日本科学技術連盟のウェブサイトをご覧ください。

関連記事

  1. 第3回知識構造化シンポ開催
  2. 第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表
  3. ダイキン工業のSSM
  4. SSMシンポに190名参加
  5. 次世代エアコンの開発を支えたSSM
  6. 日産自動車のSSM
  7. ジャストシステムの間違い
  8. 「SSM」と言えばダイキン

ピックアップ記事

2015年版QMS審査はむずかしくなる

JIS Q 9001:2015が11月に発行されると、同規格による審査が本格化する。新規格は運用自由…

キックオフ研修(東京/病院・医療編)

経済産業省「事業競争力強化モデル事業」をスタートするにあたり、参加メンバーによる同事業の目的の再認識…

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey …

日本規格協会主催の事業シナリオ・ワークショップ

日本規格協会主催によるセミナー「顧客価値を起点に事業を見直す 〜価値、能力・特徴、事業シナリオ〜」が…

米国本気のISO 50001

ISO 9001:2000作成時に「顧客満足」と「継続的改善」の要求事項を強硬に入れてきた米国、IS…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP