SSM

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

ssm_sympo毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先着5名様を無料ご招待します! (お申し込みが5名様に達しましたので、受付を終了しました)

8回目を迎える今回は「不具合知識の価値を高めるSSM実践各社の多彩な取組み」をテーマに、2016年9月9日(金) 13:30から17:00まで東京証券会館(東京都中央区)で開催され、本田技術研究所、京都製作所、理研計器の3社によるSSM導入成果などが報告されます。

SSM(Stress-Strength Model:ストレス-ストレングスモデル)とは、トラブルの経験・ノウハウを広くトラブル未然防止に活用できるように、知識を構造的に表現するモデルであり、構造化知識研究所(田村泰彦社長)が開発・導入支援を実施しています。今回のシンポでは最新の実践事例が発表されますので、SSMに関心を持っておられる企業、あるいはSSM導入を検討しておられる企業に役立つヒントがきっと得られると思います。

今回のシンポジウムの詳細は日本科学技術連盟のウェブサイトをご覧ください。

関連記事

  1. SSMシンポに190名参加
  2. ダイキン工業のSSM
  3. Vantage Point 固有技術の問題
  4. 日産自動車のSSM
  5. ジャストシステムの間違い
  6. 日科技連主催 第2回SSMシンポ開催
  7. 次世代エアコンの開発を支えたSSM
  8. 第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表

ピックアップ記事

皆様、良いお年を!

ちょうどいま、自宅付近のお寺から除夜の鐘が鳴り始めました。この1年、お世話になったコメンテーター…

Vantage Point アンチ認証国家

「認証は体を張って阻止せよ」ISO/TC223(社会セキュリティ)の国際会議が始まった時、同…

N・クロフト氏のコメント

マネジメントシステムの運用・評価で、英米・アジアなどにおいて高い実績を持つナイジ…

JQAIと連載打ち合わせ

ISOセミナーハウスであり、日本品質保証機構(JQA)の大型審査パートナーでもある株式会社品質保証総…

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。ISO 9001は要求事項の内…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP