飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」

飯塚悦功プロジェクト第5弾の映像を掲載します。

タイトルは「予測を導くABC構造」です。

今回の映像は、
構造化知識工学の基本となる「ABC構造」、
すなわち、Aという性質を持っているものが、
Bという条件にさらされると、
Cという不具合モードが起こる、
という考え方が生まれるまでの経緯が語られています。
誰も使わない不具合事例集を作成している企業の現場で、
飯塚さんがもっといい方法があるはずだと思って
考えついたのがこのABC構造です。
構造化知識研究所社長の田村泰彦さんが、
当時は東大飯塚研究室の修士・博士課程で、
飯塚さんのこの研究活動を手伝っていました。
当時まだ40代だった飯塚さんが、
生意気な愛弟子(?)と繰り広げた論争の話が見物です。
田村さんはABC構造をベースにしてその後、
SSM(ストレス-ストレングスモデル)を開発するに至ります。

YouTubeのHD(高画質)モードに対応した映像を、
今回からご提供できるようになりました。
お楽しみください。

関連記事

  1. 日産自動車のSSM
  2. Vantage Point 固有技術の問題
  3. 飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」
  4. 復刻 YouTube① 「飯塚悦功プロジェクト1〜3」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  6. 知識構造化シンポにアイソス日記読者を先着5名様ご招待(終了)
  7. ダイキン工業のSSM
  8. 日科技連主催 第2回SSMシンポ開催

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS認証件数(08.06)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、「品質・環境マネジメントシステム認証組織件数」をプレスリリースと…

【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケットサーベイランス

ISO/TC176国内委員会のエキスパートの方から「UNIDO(国際連合工業開発機構)がおもしろい調…

ISO 9004:2018の詳細解説を特集

月刊アイソス7月号(6月10日発売)の特集は「ISO 9004:2018 持続する成功を達成するため…

エラープルーフ 代替編 その1(中尾家の場合)

出張外泊を伝えると妻子の顔が曇る寂しいからではない浮気が心配なわけでもない朝が心配な…

知識構造化シンポにアイソス日記読者を先着5名様ご招待(終了)

お陰様で今回の無料ご招待は定員に達しましたので、終了させていただきます。不具…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP