SSM

ジャストシステムの間違い

ssmaster一太郎やATOKで知られるジャストシステムは、
本ブログで何回か紹介しているSSMのソフトを作成しています。
Alize(アライズ)という名称の未然防止のための支援システムで、
ここ数年順調に売れていました。
なのに、ジャストシステムは、メンテ業務だけを残して、
このたびAlize事業から撤退することを決めました。
Alizeが良くても、会社の主力事業が低迷しているからだそうです。
同社はすでに3期連続の赤字を出しています。
SSMソフトは今後、SSM master(写真)が主力になります。

本当はアイソス新年号で、
このAlizeを紹介することになっていました。
アイソス掲載が見送りになったことで、
同事業部の部長さんが当社にお詫びに来られました。
以下は、そのときに聞いた話です。

Alizeの開発当初、ジャストシステムはまず、
企業の情報システム担当者に売り込みをかけました。
ですが、全然売れません。
そこで、Alizeのユーザーである設計者に売り込みをかけてみました。
今度は反応がありました。
大手製造業を中心に、少しずつ売れ始めました。
「システムだから、システム屋に売ればいいと思っていたのが間違いでした。お客さんは、田村泰彦さんが提唱しておられるSSMのコンテンツに納得して買ってくれるのです。コンテンツがわかるのは、システム屋ではありません。システムのユーザーです」(部長さんの言)

いい話を最後に聞かせていただきました。

関連記事

  1. ダイキン工業のSSM
  2. 日産自動車のSSM
  3. SSMシンポに190名参加
  4. Vantage Point 固有技術の問題
  5. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  6. 次世代エアコンの開発を支えたSSM
  7. 「SSM」と言えばダイキン
  8. 日科技連主催 第2回SSMシンポ開催

ピックアップ記事

ISO 9004:2018の詳細解説を特集

月刊アイソス7月号(6月10日発売)の特集は「ISO 9004:2018 持続する成功を達成するため…

みなさま、良いお年を!

除夜の鐘を聞きながら、「おお、そうだ、みなさんにご挨拶をしなければ」と筆を取った次第です。本…

父の命日

ある休日のことです。小学生だった私に父がいきなり「おい、釣りに行こか?」と声をかけてきま…

モットーは「競争から協創へ」

ISOマネジメントシステム認証機関の会議体である日本マネジメントシステム認証機関協議会(JACB)の…

湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長で…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP