SSM

ジャストシステムの間違い

ssmaster一太郎やATOKで知られるジャストシステムは、
本ブログで何回か紹介しているSSMのソフトを作成しています。
Alize(アライズ)という名称の未然防止のための支援システムで、
ここ数年順調に売れていました。
なのに、ジャストシステムは、メンテ業務だけを残して、
このたびAlize事業から撤退することを決めました。
Alizeが良くても、会社の主力事業が低迷しているからだそうです。
同社はすでに3期連続の赤字を出しています。
SSMソフトは今後、SSM master(写真)が主力になります。

本当はアイソス新年号で、
このAlizeを紹介することになっていました。
アイソス掲載が見送りになったことで、
同事業部の部長さんが当社にお詫びに来られました。
以下は、そのときに聞いた話です。

Alizeの開発当初、ジャストシステムはまず、
企業の情報システム担当者に売り込みをかけました。
ですが、全然売れません。
そこで、Alizeのユーザーである設計者に売り込みをかけてみました。
今度は反応がありました。
大手製造業を中心に、少しずつ売れ始めました。
「システムだから、システム屋に売ればいいと思っていたのが間違いでした。お客さんは、田村泰彦さんが提唱しておられるSSMのコンテンツに納得して買ってくれるのです。コンテンツがわかるのは、システム屋ではありません。システムのユーザーです」(部長さんの言)

いい話を最後に聞かせていただきました。

関連記事

  1. 第3回知識構造化シンポ開催
  2. 次世代エアコンの開発を支えたSSM
  3. 日産自動車のSSM
  4. 「SSM」と言えばダイキン
  5. 第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表
  6. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  7. 日科技連主催 第2回SSMシンポ開催
  8. SSMシンポに190名参加

ピックアップ記事

「4.2.4 記録の管理」

今日は「4.2.4 記録の管理」です。「4.2.4」は「4.2.3」と比較して考えるとわかりやすいで…

Vantage Point 祝13周年

「N対Nのコミュニケーション」というのは、「いそいそフォーラム」の1つのキーワードになっています。…

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな…

来年4月から自治体条例化でHACCP普及

厚生労働省は2014年5月、管理運営基準に関する指針(ガイドライン)を改正、従来の管理運営基準にHA…

うらやましい姿勢

先日の連休は腰痛でした。横臥状態で天井の木目を見たり、庭を見たり、犬を見たり・・・あー、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP