SSM

日産自動車のSSM

本日、日産自動車のパワートレイン開発本部を訪問し、SSM(不具合発生のメカニズムを未然防止に活用するための知識構造モデル)の活用状況を取材しました。同社では、部品共通性が高く、設計検討の頻度が多い「締結・シール機能」に絞ってSSMを適用しています。

適用に当たっては、設計者ごとに異なる設計ノウハウを集約するとともに、部品固有の名称の共通化をはかりました。これによって、各設計者が持っているノウハウを横断的に有効活用できるようになりました。

また、データベースからの設計ノウハウの抽出もSSM導入で格段にスピードアップし ています。設計者は必要な設計ノウハウをチェックリストの形で端末から引き出すわけですが、従来はたとえば「ボルト締結」では約350ある全項目のチェッ クに8時間を要していたのですが、現在では検索機能を使って確認すべき項目のみを絞り込んでチェックするので、1時間くらいで済むそうです。

nissan.jpg肝 心の未然防止については、たとえば新規開発エンジンの場合、試作品の実験を何度も行うわけですが、最初の実験では通常いくつかの手戻りがおきます。それを 直した試作品をまた実験するということを繰り返すのですが、今回、SSMを導入後に行った新規開発エンジンの試作品の最初の実験では、締結・シール機能に 関する手戻りの発生はゼロでした。これによって、設計初期段階から抜け・漏れのない検討ができていることが確認されました。
(写真は今回取材にご協力いただいた日産自動車パワートレイン開発本部の間宮尚久さん(左)と黒川隆之さん)

本取材の詳細はアイソス2月号(2009年1月10日発行)でご紹介します。

関連記事

  1. Vantage Point 固有技術の問題
  2. 次世代エアコンの開発を支えたSSM
  3. ダイキン工業のSSM
  4. 第3回知識構造化シンポ開催
  5. 知識構造化シンポにアイソス日記読者を先着5名様ご招待(終了)
  6. 第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表
  7. ジャストシステムの間違い
  8. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」

ピックアップ記事

「4.1 一般要求事項」

今まで、「8 測定、分析及び改善」「7 製品実現」「6 資源の運用管理」「5 経営者の責任」の順番で…

速報 QMS/EMS認証件数(08.06)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、「品質・環境マネジメントシステム認証組織件数」をプレスリリースと…

ISOファシリテーション合宿2日目

ISOファシリテーション合宿(月刊アイソス主催、講師:山上裕司氏(写真右)、アシスタント:小熊孝氏)…

「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概要速報(午後の部)

前日のFOOD SAFETY DAY JAPAN 2014の記事の続きで、午後のプログラム内容を紹介…

アイソス3月号は米国特集

3月号のアイソスは米国特集です。ISO 9001:2015による監査を米国ではどのように考えているか…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP