SSM

第3回知識構造化シンポ開催

20110916_SSM.JPG日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が9月16日、180名の参加者を迎えて東京の日科技連本部ビルで開催された。今回は、アイ・ライティング・システム(電子安定器・電源装置メーカー)、アドヴィックス(自動車用ブレーキメーカー)、山武(ビルオートメーション)、東芝マイクロエレクトロニクス(LSI設計開発)の4社によるSSM取り組み事例の発表と、SSMの開発・支援企業である構造化知識研究所による動向解説、スピーカーとフロアーによる統合討論が行われた(写真)。以下、印象に残った言葉を報告する。

「SSMのワーキンググループのメンバーには、不具合対応で向こう傷を負った経験がある、やる気のある若手社員を選んだ。SSMは若手社員を一人前に育てるのに役立つツールだと思う」(アイ・ライティング・システム常務取締役品質管理部長・寺山一郎氏)

「SSMで抽出する未然防止知識として、メカニズム知識のほかに、管理上のまずさ知識(規定・基準を守れなかった根本原因)にも取り組んだ」(アドヴィックス信頼性技術部未然防止推進室・大野貞行氏)

「SSMのデータベース活用で、若手設計者による新規設計で不具合再発件数が減少している。またFMEA作成工数がSSM採用前に比べ大幅に減少している」(山武バルブ商品開発部開発1グループグループマネージャー・大谷秀雄氏)

「SSMを活用してきちんとQMSが運用できる成熟度レベルが当社が考えるレベル4の段階であり、当社はそこを目指している」(東芝マイクロエレクトロニクスTQM推進室・澁谷幹夫氏)

「SSMで一番お勧めできる指標は、手戻りの回数を数えることだ。そもそもSSMの成果は導入1〜2年くらいではなかなか出にくいものだが、手戻り回数はその中でも比較的測定しやすく、効果の出やすいもので、目標設定に適していると思う」(構造化知識研究所執行役員・松坂ユタカ氏)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. SSMシンポに190名参加
  2. プロセスアプローチに関する3つの問題
  3. 日科技連主催 第2回SSMシンポ開催
  4. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  5. 「SSM」と言えばダイキン
  6. ISO推進者会議 濱口哲也氏特別講演
  7. 為定明雄氏の特別講演 速報
  8. Vantage Point 固有技術の問題

ピックアップ記事

あなたの機関は大丈夫?

一般財団法人岐阜県公衆衛生検査センター・ISO審査認証部(GRCA)は、3月31日でISO認証事業を…

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っ…

【事業競争力WG】 事業継続MS等の実施を支援

経済産業省は事業継続マネジメントシステムなどの活用による事業競争力強化モデル事業に対して平成24年度…

奥村朋子さんによる是正処置WS

ロイドレジスタークォリティアシュアランスリミテッド(LRQA)ジャパン主催による「是正処置ワークショ…

Vantage Point 個人目標

個人目標は、個人目標であってはならない!「2007年に、社員向けに「Iビジョン手帳」というの…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP