その他ツール

不具合をラッキーと置換

iizuka_abc来年発行のアイソス2月号の中で、
設計トラブルの再発防止に取り組む中、
ABC構造を思いつく場面を、飯塚悦功さん(写真)が語っています。

ABC構造とは、「AがBのとき、Cが起こる」。
つまり、Aという性質を持っているものが、
Bという条件に出会ったとき、
Cというトラブルが起こるというものです。
このCが「よくないこと」なので、
会社としては、もう二度と起こらないようにしたい。
そこで、AがBと出会う場面を分析し、
同様の場面が起こらないようにするか、
あるいは起こっても避けるように努力します。

Cが「よくないこと」の場合のみを、
飯塚さんは取り上げていますが、
Cが「よいこと」だった場合はどうでしょうか。
「AがBのとき、ラッキーなことが起こる」
これはもう、何度でも経験したいですね。
そのためには、AがBと出会った場面を分析し、
Cが起こる必然性を導き出し、
同様の場面が起こるようにするか、
もしくは起こる場面にできるだけ近づくかしなければなりません。
このような「ラッキーな偶然の再現」は、
マーケティング用語では「セレンディピティ」と呼んでいますが、
「よいこと」にもABC構造が使えるのではないでしょうか。

・・・などと最近考えています。

関連記事

  1. KJ法の川喜田喜美子さんと話す
  2. アイソス8月号は「シックスシグマ」
  3. ヒューマンエラー防止2原則

ピックアップ記事

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。…

Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売

Amazonのサイトからこのほど、電子書籍(Kindle版)『目的達成のための賢い方法 …

JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?

日本自動車研究所認証センター(JARI-RB)は1996年に設立、自動車業界の差し迫った環境ニーズに…

【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃

月刊誌「アイソス」の編集をやって12年になりますが、このような記事は見たことがありません。ふつう、企…

認証機関の統合を画策していた経産省

「国際競争力のある認証機関の育成に向けた、国内機関の戦略的連携・統合等を検討」2009年2月…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP