IATF 16949品質マニュアル特集です!

月刊アイソス2019年7月号(6月10日発行)の特集は「IATF 16949 品質マニュアル作成の手引」です。IATF 16949「自動車セクター向け品質マネジメントシステム規格)は難解な文言が多いので、本特集では要求事項を解説しながら管理方法を明確にし、具体的にIATF 16949 品質マネジメントシステムマニュアルの記載例を紹介しています。執筆は、TQM Labo コンサル代表の永井守氏です。
 
7月号はもう 1つ特集があります。特集2のテーマは「グローバルマネジメントへのアプローチ」です。日系海外工場における日本レベルの品質・安全・環境マネジメントの確保は大きな課題です。本特集では、現地工場の新設・運用での問題点とその対応方法について取材しました。
 
Viewpoint this monthには、日本提案で新たに設置されたISO/TC324(シェアリングエコノミー)の国際幹事を務める日本規格協会の遠藤智之氏が登場。NEWS & REPORTSでは、IIJのプロダクト推進部副部長の山本功司氏の講演『品質を切り口にインターネットの思想・仕組みを語る』を詳細に報告しています。アイソス7月号の目次は次のとおりです。
 

続きを読む →

第7回JABシンポ全講演録

月刊アイソス2019年6月号(5月10日発行)の特集は「第7回JABマネジメントシステムシンポジウム全講演録」です。このシンポジウムは、3月に日本適合性認定協会(JAB)主催で開催され、毎年学識経験者、組織、認定機関、認証機関、研修機関、コンサルタント等のメンバーからなるJABマネジメントシステム研究会にて制度の深掘りと普及に関して1年間議論した成果が発表されるというものです。今回は、認証制度の実態に関する調査報告と、組織の不祥事事例への審査対応について提案され、注目を集めました。Viewpoint this monthでは、JIS Q 19011(マネジメントシステム監査のための指針)原案作成委員会委員長である藤間一郎氏を取材し、まもなく発行される同規格についてご紹介いただきました。6月号の目次内容は下記のとおりです。

続きを読む →

プロジェクトマネジメントにおけるAI活用

月刊アイソス2019年5月号(4月10日発行)の特集は「プロジェクトマネジメントにおけるAI活用」です。今年1月に開催されたプロジェクトマネジメント学会主催の「2019新春PMセミナ」が、プロジェクトマネジメントにおけるAI活用に真正面から取り組んだ企画であったので、アイソスで丸ごと特集にしました。NEWS & REPORTSでは、建設業でいち早くISO 45001認証を取得した総合建設会社・フジタのOHSMSの取り組み事例を紹介しています。5月号の目次内容は下記のとおりです。

続きを読む →

3つのステップでQMS再構築!

月刊アイソス2019年4月号(3月10日発行)の特集は「3つのステップで自社のマネジメントシステムを再構築する」です。執筆者は丸山昇さん(アイソマネジメント研究所 所長)。丸山さんは、「真・品質経営」を目指す超ISO企業研究会メンバーとして、15年にわたり数多くの企業のQMS再構築を支援してきた方です。本特集では、ISO 9001:2015の枠組を活用し、3つのステップで自社のマネジメントシステムを再構築する方法を伝授いただきました。

また、NEWS & REPORTSのコーナーでは、日本品質管理学会において「データ資本とサービスプラットフォーム データの戦略について考える」をテーマに、日本アイ・ビー・エム技術理事の山下克司氏の講演内容を詳細に報告しています。アイソス4月号の目次内容は下記のとおりです。続きを読む →

土居栄三氏のサービス業マネジメントシステム

アイソス3月号(256号 2019年2月10日発売)の特集は「ISOマネジメントシステムをサービス業にいかす」です。土居さんは、元大阪いずみ市民生活協同組合CSR推進室長。2000〜2012年まで同生協で環境・品質をはじめとする総合マネジメントシステムの構築・推進を担当。2013年以降は全国の生協や企業のマネジメントシステムの支援を行っておられます。本特集では、サービス業のおけるISO活用方法を伝授いただきました。

巻頭インタビューは、昨秋から日本でスタートしたヘルスツーリズム認証のスキームオーナーである日本ヘルスツーリズム振興機構の髙橋伸佳事務局長です。またNews & Reportsでは「安定した品質の購入が可能な購買管理方法」について、TQM Labo コンサル代表の永井守さんに解説していただきました。以下、本誌の目次を紹介しておきます。続きを読む →

桜美林大学の国際標準化人材の育成

アイソス2月号(255号 2019年1月10日発売)の特集は「国際標準化人材の育成 桜美林大学の取組み」です。桜美林大学大学院の「国際標準化研究領域」の活動が、2018年10月に経済産業省産業技術環境局長賞を受賞したのを記念して特集を組みました。この活動は、グローバルな活動を理解した、次世代の経営を担うリーダーやプロフェッショナルの育成・輩出を目的としており、本特集では、副学長インタビューや大学院でのカリキュラム、社会人向けの公開講座などを紹介しています。

巻頭インタビューは、2018年11月に日本品質管理学会会長に就任された棟近雅彦さん(早稲田大学教授)です。またNews & Reportsでは、NECにおけるグローバルサービスマネジメント標準の策定と実践について、同社サービスプラットフォーム事業部主席サービス事業主幹の清水美欧さんにご寄稿いただきました。以下、本誌の目次を紹介しておきます。続きを読む →