コンサル・組織・審査員が内部監査手法を提案

アイソス2019年11月号(10月10日発行)の特集は「内部監査が変わらなきゃ!」です。経営に資するマネジメントシステム運用のためのキーツールが内部監査です。2015年版に規格が変わっても、内部監査が変わらなければ、経営効果は出てきません。そこで今回の特集では、コンサルタント、組織、認証機関という3つの立場から。内部監査の有効活用のための提言を行っていただきました。

NEWS & REPORTSでは、世界のISOマネジメントシステム認証動向を調査した「ISO Survey 2018」の内容を豊富な図表を使って解説しています。

Viewpoint this monthでは、日本総合研究所・理事の足達英一郎氏からISOで議論が始まったサステナブルファイナンス規格の動向について紹介いただきました。

アイソス11月号の目次は次のとおりです。


アイソス 2019年11月号(264号 2019年10月10日発売)

特集

内部監査が変わらなきゃ!

ISO 9001/14001の2015年版発行から4年、移行期間終了から1年が過ぎようとしている。2015年改訂の意図を正しく理解し、経営に資する仕組みとして運用していくためには、内部監査を有効活用しなければならないが、それが十分できていない組織が多いようである。本特集では「内部監査が変わらなきゃ!」のテーマのもと、コンサルタント側として三戸部徹氏には規格が求める内部監査の適用について、組織側として樋口哲郎氏には日常業務としての内部監査の有効性について、審査側として黒田良弥氏には内部監査員育成のためのリフレッシュ講座について執筆いただいた。(本誌編集部)

Part 1
規格が求める内部監査の適用を考える
事業プロセスとの統合を目指して
執筆/アイエスオー・ミトベ事務所 代表 三戸部 徹

Part 2
日常業務としての内部監査の有効性
内部監査機能が持続的発展の鍵
執筆/株式会社トーホー 前代表取締役社長 樋口 哲郎

Part 3
「内部監査員育成のためのリフレッシュ講座」のご紹介
内部監査の有効活用に向けて
執筆/QMS・EMS・OHSMS・AMS主任審査員 黒田 良弥


NEWS & REPORTS

The ISO Survey 2018
世界の2018年末ISOMS認証数を発表
今回から認証数と認証サイト数を別々に集計

ISOは、ISOマネジメントシステム規格(ISOMS規格)による世界の認証数を調査した『The ISO Survey 2018』をこのほどに公表した。同調査は2018年12月31日までに世界で発行された認証数を集計したもので、対象となった規格は12規格である。この12規格の認証数の合計は130万7,603件であり、2017年末時点の155万8,127件よりも16%減少している。今回の大幅な減少理由についてISOは、過去の調査では認証サイト数も認証数としてカウントした大手認証機関があったこと、一部の認証機関では年ごとに認証数が変動すること、一部のメジャーな認証機関が今回の調査に参加しなかったことなどを挙げている。今回の調査の大きな特徴は2つあって、1つは認証数と認証サイト数を別々に集計したこと、もう1つは新たにISO 45001(労働安全衛生)とISO 37001(贈収賄防止)の2規格の集計が加わり、12のISOMS規格が調査対象となったことである。規格別の認証数については図表1を参照されたい。以下、同調査の概要を報告する。(本誌編集部)


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第92回
ESG投資の伸長や欧州委員会での規制化等を背景に
ISOでサステナブルファイナンスの議論開始
取材先/株式会社日本総合研究所 理事 足達 英一郎 氏

■Standardization Trends

サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み
連載 第2回 国際標準化への議論の経緯 〜DINでの規格開発からISO/TC312での議論がスタートするまで〜
執筆/東京大学大学院工学系研究科 品質・医療社会システム工学寄付講座 特任教授 水流 聡子

環境ファイナンス分野における国際規格動向
連載 第2回 グリーンボンドとEMS
執筆/三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 環境・エネルギー部 主任研究員
サステナブルビジネス戦略センター長 奥野 麻衣子

PAS(公開仕様書)策定の可能性 〜規格作りを通じた共創によるビジネスの進化〜
連載 第2回 PAS策定のロードマップ、スコーピング、コンセンサスビルディングから発行まで
執筆/BSIグループジャパン株式会社 営業本部営業戦略担当部長 楠本 寛斎

■品質

持続的成功を実現するための武器 〜品質管理の基礎を学ぶ〜
連載 第20回 問題解決(1)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■セクター

IATF 16949 ワンポイントレッスン
連載 第8回 APQP、PPAP
執筆/一般財団法人日本品質保証機構 審査事業センター
品質審査部 参与 菱沼 雅博

■クリーンランゲージ

事業を「知る、動かす、再生する」ためのクリーンランゲージアプローチ
なぜ、わが社のシステムは機能しなかったのか
連載 第2回 私たちは、事業における矛盾を見過ごしていないでしょうか
執筆/株式会社イノベイション 代表取締役 山上 裕司

■MS改善

2015年版移行後における組織のMS有効性改善と再構築
連載 第2回 自社のMSレベルの評価方法
執筆/QMSエキスパート審査員 辻井 五郎

■MS人材育成

桜美林大学大学院のマネジメントシステム・コーディネーター養成プログラム
〜真のISO経営の実現を目指して〜
連載 第2回 財務目標を達成する非財務成果実現のマネジメントシステムを設計する
執筆/桜美林大学大学院 経営学研究科 客員教授 杉山 大輔
エンライト株式会社 代表取締役社長 髙橋 清

日本の要員認証の現状と課題
連載 第1回 日本要員認証協会の設立経緯と事業内容
執筆/一般財団法人日本要員認証協会 専務理事・上級経営管理者 尾形 泰宏

■食品安全

包材のポジティブリスト化 食品に関連する産業全体へのインパクト
連載 第2回 衛生プロバイダーから見た包材ポジティブリスト化への対応
〜成分分析と衛生監査〜
執筆/一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ 相談役 新井 万由(ペンネーム)

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第14回 ISO認証はどこにゆくのか?
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■ISO leading-edge trend
■JAB認定 ISO 9001/14001認証取得状況
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.