【環境編】JAB適合認証数はこの1年で減少

昨日の【品質編】に続き、本日は【環境編】。この1年間の認証組織数を見ると、ISO 14001はISO 9001ほど落ち込みは激しくない。非JAB認定の認証数を含めると、むしろまだ伸びている状態だが、JAB認定だけに限定して集計すると、この1年でISO 14001もやはり減少していることがわかる。

日本適合性認定協会(JAB)がこのほど公表した2009年9月末におけるISOマネジメントシステム認証数のデータを元に、2008年9月末のJABデータと比較して、ISO 14001認証数をまとめてみた。

下図は、JAB適合認証組織数だけに限定して、かつ件数100以上の認証機関を対象に、2009年9月末現在の認証件数の多い順に並べたもの。こちらのほうが、非JAB認定を含めた前掲図よりも落ち込みは大きくなっている。2009年9月末時点のJAB適合の国内ISO 14001認証数は全部で20,529件で、昨年同月末よりも41件減少している。
JAB_EMS.jpg