速報 QMS/EMS認証件数(2010.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月3日付のプレスリリースで、2010 年12月末時点での国内のISOマネジメントシステム認証組織件数を発表した。これは国内で活動するマネジメントシステム認証機関を対象にアンケート調査を行ったもので、 JABが4半期に1度実施しているものである。同調査には、JABから認定されていない認証機関も対象になっているので、JABがホームページなどで公表している適合組織件数 (JABから認定された認証機関により認証を受けた組織件数) とは件数に相違がある。

2010 年12月末時点での国内の認証件数を規格別に集計すると次のようになる。表記は、規格名、認証件数、認証機関数、(2009年12月末時点での認証件数と前年比増減数)の順。MSはマネジメントシステムの略。

QMS: JIS Q 9001 (ISO 9001) 品質MS
50,442件、64機関、(51,584件、▼1,142)

EMS: JIS Q 14001 (ISO 14001) 環境MS
26,149件、62機関、(26,146件、△3)

ISMS: JIS Q 27001 (ISO/IEC 27001) 情報セキュリティMS
3,818件、33機関(前年同月のデータなし)

FSMS: ISO 22000 食品安全MS
503件、25機関(367件、△136)

AS-QMS: JIS Q 9100 航空宇宙品質MS
346件、8機関(288件、△58)

TL-QMS: TL 9000 電気通信品質MS
9件、1機関(8件、△1)

MD-QMS: JIS Q 13485 (ISO 13485) 医療機器品質MS
438件、11機関(443件、▼5)

これをみると、品質はこの1年で1,142件減少しており、環境は3件の微増でとどまっている。セクターで健闘しているのは、食品安全の前年比136件増と、航空宇宙の58件増である。

認 証機関別の規格ごとの認証件数一覧表を下記に示す(画面をクリックして拡大して見てください)。順番は、QMSの認証件数の多い順である。表内で「非 JAB」とあるのは、JABから認定を受けていない認証機関の意で、この表示がない機関はすべてJAB認定の認証機関である。
301-jabh22-12WEB.jpg