排出量検証を14001で

090918hirakawa9月18に群馬県立産業技術センターで開催された群馬ISO機構主催による「第2回管理責任者フォーラム」で、日本能率協会・地球温暖化対策支援室の平川雅宏さん(写真)がCO2削減と排出量取引についての講演を行ったが、その中でCO2排出量検証がISO 14001を使って管理できることを紹介した。

平成17年度より実施されている環境省自主参加型排出量取引制度(JVETS)によるCO2排出量検証とISO 14001の要求事項は次のように関連している。

1. 順守面の検証 → 4.4.6 運用管理、4.5.2 順守評価
2. 数値面の検証 → 4.5.1 監視及び測定、4.5.4 記録の管理
3. 工場・事業場全体のCO2排出量の検証 → 4.3.1 環境側面、4.3.2 法的及びその他の要求事項、4.5.2 順守評価
4. モニタリングプランへの準拠の検証 → 4.3.3 目的、目標及び実施計画、4.4.6 運用管理、4.4.7 緊急事態への準備対応、4.5.1 監視及び測定、4.5.4 記録の管理
5. モニタリング体制の構築を検証 → 4.4.3 目的、目標及び実施計画、4.4.1 資源、役割、責任及び権限、4.4.3 コミュニケーション、4.4.5 文書管理、4.5.1 監視及び測定、4.5.4 記録の管理
6. 品質保証・品質管理体制を検証 → 4.4.2 力量、教育訓練及び自覚、4.4.4 文書化、4.4.5 文書管理、4.5.4 記録の管理、4.5.5 内部監査
7. 検証結果の評価 → 4.5.1 監視及び測定、4.5.3 不適合並びに是正処置及び予防処置

2件のコメント

  1. こんにちは。寄ってみました。ステキなブログですね。
    私のブログも覗いてみてください。

コメントはできません。