ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

規格関係者から「ISO Guide 83」として知られていた、ISOマネジメントシステム規格(ISO MSS)の共通要素(規格の章立て〈High level structure〉、共通要求事項〈identical core text〉、共通用語・コア定義〈common terms and core〉からなる)が記述された文書が、4月30日に「ISO/IEC Directives」(ISO/IEC専用業務指針〈ISO関係者のための業務ルールと考えればよい〉)に取り込まれ、改訂版として発行された。

ISO/IEC Directivesは分厚い文書体系だが、その中の「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO / Third edition, 2012」の「Annex SL (normative) Proposals for management system standards」が旧「ISO Guide 83」に相当し、無償でISOのウェブサイトで公開されている。実際にISOマネジメントシステム規格でどのように使用されるのかを知りたい場合は、さらにその中の「Appendix 2 (normative) High level structure, identical core text and common terms and core definitions for use in Management Systems」を見ればよい。

このAppendix 2は、ISOのこちらのサイトからPDFでダウンロードできる「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO」の中の141頁に記載されている。