同じ年に出た9005/6とSIGMA

10月21日、JIS Q 9005/9006導入企業による事例が、
日本規格協会の恒例行事である
「標準化と品質管理全国大会」で発表されます。
このJIS Q 9005/9006プロジェクトは、
同規格の前身であるTR Q 0005/0006の時期も含むと、
5年以上も続いているロングラン企画で、
国の助成金を得て実施されているものです。

この時期になると、TR Q 0005/0006が発行された
2003年1月の状況を 思い出します。
ご存知の通り、この規格はISO9004次期改訂版
(2009年発行予定)への採用も狙って開発されたものです。
TRの原案ができたとき、その英語版を持って、
経済産業省の担当官がBSIを訪れました。
ISO9004の規格審議を行っている
ISO/TC176のWGの議長国が英国だからです。
そのときの状況を聞くため、
私はその担当官を、帰国後すぐに取材しました。
担当官はBSIに「今度、9004の次期改訂版として、
このような規格を日本から提案するので協力してほしい」
とお願いしたそうです。
BSI側は快諾してくれました。
「BSIは、えらく簡単に賛成してくれたものですね」と、
私がその担当官に聞くと、彼は、
「BSIは今、9004よりもシグマのほうに
関心が向いているからね」と答えました。

ここでいうシグマとは、SIGMAガイドラインのことです。
このガイドラインの最終版は、
日本のTRが発行された同じ年の9月にWeb上に発表され、
今も無料でダウンロードできます。
日本のTR Q 0005/0006も、英国のSIGMAも、
持続可能なマネジメントのためのガイドラインですが、
前者は高成熟度QMSに限定されたコンテンツであり、
後者は経営に関するあらゆるマネジメント・コンテンツを
関連させるためのポータルサイトです。

2003年の時点で、両国の標準への方向性は異なっていました。

TR Q 0005(左)とSIGMA Guidelines